682: 名無しさん@HOME 2011/11/27(日) 15:11:52

誰もいないようなので、軽いのを一つ
修羅場と言っていいのか疑問だし、最大の修羅場というわけでもないけど
子供の頃、父とキャンプに行った時の事
父がテント作ったりしててヒマだったので、一人で林の中にある道に入って遊んでた
しばらくして帰ろうと思い、元きた道を引き返してたんだが、前方にヒラヒラ舞っているものが見えた
大きさは15cmぐらいか、薄暗い林の中でははっきり見えなかったけど。数メートルぐらい近づいて何かわかった
大きな蛾だった
この時点で顔面蒼白だったが「こっち来るなよ〜;;こっち来るな〜;;」
と、思いながら蛾を大回りで避けて早足で駆け抜けた……はずだった
突然顔の横スレスレを飛んできて、何故か胸元に着地する蛾
うはwwまさに蛾ネクタイwwwwww
と、ボケられるほど小学生の自分に余裕はなく
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
と涙目で父の元へ全力ダッシュしたのを覚えている
当時の自分には蛾との駆け引きが自分の中で修羅場だった



スポンサードリンク

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク


683: 名無しさん@HOME 2011/11/27(日) 16:47:25
あるあるwww
何でアイツら近づいてくるんだろうな…虫の中でも蛾が一番嫌いだ

684: 名無しさん@HOME 2011/11/27(日) 17:19:47
蛾と蝶の区別は実のところない、どっちも学術的には同じ物
だから頭の中でアゲハチョウとかに変換すればいい
ゴキブリもダイエットに成功したクワガタの雌くらいに思っていればいいよ

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £24



蝶と蛾の写真図鑑―オールカラー世界の蝶と蛾500 完璧版 (地球自然ハンドブック)
デービッド カーター
日本ヴォーグ社
売り上げランキング: 606,203


■今週のおすすめ記事!■

夫 「なんで、俺の海老が入ってないの?」私 「トメさんが来て全部とってったよ」

うわきした妻に斬新すぎる復讐!元妻「別れたくない」俺「愛する人と一緒になる事が幸せな事だよ!こんな素敵な笑顔の君でいて欲しいんだ!」

スポンサードリンク



スポンサーリンク