2014062923105684f

545: 恋人は名無しさん 2007/02/24(土) 01:07:18 ID:6/X4qM21O
高校時代の話
修羅場なのかよくわからんが投下

花子:私
太郎:彼氏 1コ上 喪男w
光代:太郎と同じクラス

※全員同じ弱小文化部部員
※弱小部なのに全体生徒巻き込む行事の企画運営しなきゃならん
※私が高2・太郎が高3の春に付き合い出した。
※太郎と光代は高1~3までずっと同じクラス

自分、高1の頃はほとんど幽霊部員だったんだが、ひょんな事で次期部長になることになってしまって、それで色々あって先代部長だった太郎と付き合うことになった。
周囲はみんな適当に祝福してくれてたんだけど、唯一例外光代さん。太郎が報告をした時は、笑顔で「おめでとう、幸せにね」と言ってたらしいんだが…

何が気に入らなかったのか、太郎がいない時に暴言時々暴力、陰口等々の嫌がらせktkr
光代さん…!(´Д`)
普段は優しい先輩なのに、豹変豹変。

だが、当時の自分…企画してる行事のことが手一杯でそれどころじゃなくて、(あぁ、先輩も忙しくて気がたってるんだなぁ…)くらいにしか思ってなかったw

事の重大さに気付いたのは、無事に行事が終わった頃。
光代さんに、通称がらくた部屋(倉庫化してる教室)へと呼び出されていってみた時のことでした。




スポンサードリンク

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク


546: 545 2007/02/24(土) 01:11:41 ID:6/X4qM21O
まだなんか片付け損なったもんでもあったかなぁ…と思い、扉をあけてみると、光代の他に女の先輩が3人。
こんなにいるなら私いらなくねぇ?と思いつつ
会話Start!
花「光代さんどしたんー?」
光「………っ」
花(?……あれ、泣いてませんか…?)
女A「光代、大丈夫?
(私を睨んで)アンタが光代から太郎を横取りするから悪いのよ!」
女B「そうだよ!光代ちゃんは1年の時からずっと太郎くんのことが好きだったんだよ?」
女C「すんごくいい感じだったのにぃ、花が邪魔したせいでぇ…
太郎くんもなんで光じゃなくてこんな子にしたのかなぁ」

いやいや、ちょっと待てよ!
太郎は光代さんのモンでもないし、そんな前から好きならとっととコクれや。
つーか、横取りも何も…付き合ってくれと言ったのは太郎ですお。
マンガみたいな展開にポカーン様降臨


548: 545 2007/02/24(土) 01:14:46 ID:6/X4qM21O
花「は?」
光「みんな…ごめ…いいの、私が悪いの…」
花(悲劇のヒロイン気取り?!)
C「でもぉー、こぉゆぅことははっきりさせなきゃだよぉ?」
光「でも…」
B「私らは光代ちゃんの味方だから、ね?」
花(友情ごっこは他でやれー)
花「あの…状況がよくわからんのですが…」
A「アンタは黙ってなさい」
花「黙らなきゃいけないなら帰ります、さよーなら!」
A「あ、こら!逃げるんじゃない!」
腕捕まれる。
花「なら、さっさと用件を。これ以上、訳わからない話をしないでください」
C「生意気ぃー。光、ほら、早く言いなよぉ」
光「ぅん…あのね、花子…お願い!太郎くんと別れて!私、ずっと太郎くんが好きで…でも言えなくて…」
B「そうゆうことだから」
………いやいやいや。あんたら頭おかしいっすよ。
花「嫌ですよ、そんなん!訳わからん」
みたいなこと言った途端、腕つかんだままのAが私を床に投げたw(たぶん)
気付いたら床に倒れてて、4人を下から見上げてた。上でガヤガヤ言ってたのがきこえて、一発蹴られた。
ここらで、事態を把握。
うずくまってたから気付かれないようにポケットの中の携帯で太郎に電話をかける。
がらくた部屋にいることは言ってあったから、来てくれたらいいなぁ…と淡い期待。
B「ちょっと、やばいんじゃない?」
C「口止すれば大丈夫だよぉ」
みたいな事をいってた。
花「………卑怯だね」A「卑怯なのはどっちよ!」
明らかにアンタらだろー…
なんかまた蹴られてた気もする。


550: 545 2007/02/24(土) 01:19:57 ID:6/X4qM21O
光「私の方が太郎くんのこと好きなのに…」
とか言ってらっしゃいましたよ…
好きでもやっていいことと悪いことがあるでしょが。

痛いなぁ…と思ってたら、さっきの電話がつながってたらしく、無言電話を不審に思った太郎が(お前どれだけ近くにいたんだよw)、登場。

同級生に囲まれて、自分の彼女が倒れてる。蹴られてる。

びっくりな状況にポカーン様降臨。

太郎が通常ものっそおとなしいが、キレたら怖い(というか何をしだすかわからない)のを身にしみてしってたため、とっさに

花「この人たちに触っちゃだめっ」
とか言った。痛かったのに。
みなさんが言い訳をはじめる前に、どうやったのかよくわからんが、太郎が私にかけよって、腕をつかんでダッシュダッシュ。

なんとか一命をとりとめw怪我もそんなに酷くはなく済んだ。
部活内の人間関係のトラブルだったけど、部活の時間でなかったのと部室じゃなかったのと部活外の人間が多数だったから、部活が潰れずにすんでよかった(´Д`)!

修羅場っぽくないけど、私的には修羅場でした。
わかりづらくてごめん。


551: 恋人は名無しさん 2007/02/24(土) 01:21:51 ID:fR9RiKYv0
ちょっwやられ損じゃん


引用元: ◇修羅場◇part41



ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)
押見 修造
双葉社 (2012-12-07)
売り上げランキング: 4,576


スポンサードリンク



スポンサーリンク