58: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:01:59
いつもスレを見ているだけなのであまり修羅場ではないかもしれませんが私のまわりの話をします。
携帯からなので読みにくかったらごめんなさい。

登場人物
私:当時17歳 母と父です。

59: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:06:37

その当時私は付き合っていた彼と遠距離でうまくいかず
別れるか別れないかというギリギリな関係でした。
彼との恋愛に悩んでいましたし受験への不安もありました。
そんな高校二年生の夏のことでした。。。
登下校の最中に携帯がなりました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

61: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:15:00
登校なのか下校なのか


あと適当なとこで改行よろしく

63: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:18:10
すいません下校です。
あと省略するにはどうしたらいいのでしょうか?何も知らなくてすみません。

64: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:20:07
20〜30文字程度で改行すればいいと思う

65: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:22:37
携帯を見ると父から電話がかかっていました。
私はそれをみてすぐに嫌な予感がしました。
私の家は毎日のように夫婦喧嘩をしていますが
父から電話がくるまでの数日間は珍しく喧嘩をしていませんでした。
私はそれが嵐の前の静けさということに父から電話がかかってきた瞬間に直観的にわかりました。

66: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:28:37
>>64ありがとうございます。
そして私は父からの電話にでました。
私『…もしもし』
父『お父さんや。もう学校終わったか?ちょっと大事な話があるんや今から〇○ホテルのロビーにきてくれ』
私『え、いきなりなに!?』ガチャ…ツーツー








父は自分の言いたいことだけ言って電話を切りました。
私は父が電話ごしに泣いているのがわかり不安になり急いで指定のホテルのロビーにいきました。

67: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:34:07
>>66
そうじゃなくて、2〜30文字程書いたら、一行空けてまた書くって事

69: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:38:02
ホテルのロビーにつくとホテル内の喫茶店に連れていかれました。父は涙目です。
そして私はそんな父に何も言えず座っていました。
父が何も話さないので気まずく数分すると頼んだチョコレートケーキが運ばれてきました。




私は時間をかけてチマチマチョコレートケーキを食べていました。
すると父が自分の携帯をテーブルの上にだしました。私が携帯に目をやると父は
『お母さんは不倫してる』と言いました。

70: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:45:17

>>67すいません。…これでできてるのでしょうか?
私はチョコレートケーキの味がわからなくなるほどパニくりました。
言われるだろうと想像していましたが実際言われてみるとビックリしました。
心の準備はそれなりにできているはずでしたが動揺を隠しきれませんでした。

私『ちょ…何言ってるん?証拠あるわけ?』
父『ある。このメールをみろ』

そう言って父はテーブルの上に出した携帯をいじりメールの欄にしました。
そこには母からきたメールが開かれていました。

71: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:48:08
>>70
出来てるよ、それで大丈夫

72: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:50:09
お父さんカワイソス

73: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 02:52:28

母からのメールで
『今夜は楽しかったわね』的なメールがたくさん父の携帯に送信されていました。
そのメールが父の携帯に送られた日付は母が同窓会に行くから遅くなると言って
帰宅したのが深夜になった日の日付になっていました。
私はここで疑問に思いました。
父の携帯にどうして母が不倫相手に送ったメールがきているのか?と…
私はその疑問をそのまま父に問いました。

76: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:09:15

すると父は
母が寝ている間に携帯の機能をいじり母が他人に送ったメールが
自分のところにも配信されるように細工したのだと答えました。
私はここで吐き気がしました。
私は父が小学生のときから嫌いでした。

父は私が小さいときから不倫を数人としていたし最近もしていました。
フーゾクなどにも行っていました。
頑固な父はそれでも母には謝ったりはしません。
母は私には愚痴らず離婚せず我慢しそんな父を許してきました。

私にしてみれば母が不倫したくなるのも当然な父でした。
私は何度か母に離婚してもいいよと言っていたぐらい父が好きではありませんでした。

77: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:12:57
父カワイソス撤回

78: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:17:02
>>77
これほど評価の浮き沈みの激しい父も気の毒だなw

スポンサーリンク


79: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:22:29

父はバツ1です。
前の奥さんも父の性格に耐えられないようでした。
母は父の祖父祖母にも嫌がらせをされたりしていました。
それでも母は負けたくない!と私の前では明るく対応していました。
私が物心つく前から母はそんな家庭に何十年も我慢していたのです。
母は歳のわりには美しく黒木瞳さん似で私の自慢の母でした。
私にとっては姉妹のような関係の母でした。
そんな母のことを思い出しながら父を見ました。
今までの自分のことはたなにあげて私に泣き付く父を気持ち悪く感じました。

80: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:24:38
ちち…もう同情の余地無しダヌ。

83: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:31:38
おねえちゃん遅いね

84: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:33:32

私は泣きながら娘にホテル喫茶店で母の浮気を語る父を見下していました。
私に母の不倫話をしてどうなるの?
私が聞いて悲しむとかこいつ考えねーの?
そんなことを考える私をよそに父は母と不倫相手は
メールのやりとりでセッ ク○について話してたんだとか色々聞かせてきます
私はこのへんから脳内現実逃避にはしっていたようで父が何を話していたか覚えていません。
ただ昼下がりの土曜のホテルの喫茶店で泣いている中年おやじと
女子高生が座っている状況が昼ドラだなーとか
はたから見ればエンコーみたいだなーとかバカなことばかり考えていたことは覚えています。

88: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:41:46

>>83すみません。
携帯から考えながら書いていますので遅くなります。。

私は父の言葉をさえぎるように言いました
『お父さんだって不倫してたじゃん。私が知らないと思った?』
父は泣くのはやめ、その目が動揺したのを覚えています。
そして父は言いました。
『男の浮気と女の浮気は違うんだよ!』と…
私は『一緒だよ。お互い様ってことでお母さんのこと怒らないでよ』と言いました。

父は私が父と一緒に母を攻めることを期待していたようで
私が母をかばうとお前もお母さんと一緒だな!言いと席を立とうとしました。

89: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:43:54
『男の浮気と女の浮気は違うんだよ!』

↑やっぱこれをリアルに言う人がいるんだな

90: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:47:35
>>89
あれだね、普段は違うくても、
実際の修羅場になると言うヤツけっこういそう。

92: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:50:52

私はここで父を帰してはまずい!と思い必死で引き止めました。
『ちょ!お母さんに会いにいくん!?あかんて今お母さん
弟のバスケの試合見に行ってるし!他の親子の邪魔に…』
『お母さんはその弟の監督と不倫してんだよ!』
父の言葉を聞いて口が開きました。
Wフリンかよと…その監督も妻子ある方で私も何度か見たことある方でした。
私が止めるのも聞かずに父はホテルを出ていきました。

94: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 03:54:37
うわーwktk!!!!!

95: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 04:01:41

そして父がホテルの喫茶店にケーキ代と私一人取り残し去って行ったあと
私は残っていたチョコレートケーキを食べながら泣きました。
会計をすませホテルを出て電車に乗っても涙が止まりませんでした。
電車の中でしたがかまわず大泣きしていました。
車内の人たちはそりゃもうガン見してましたよ…笑
そして泣きながら家につきましたが父は母に会いに行ったらしくいませんでした
私は泣き付かれていつのまにか自分の部屋で寝ていました。
そして泣き声にも似た怒鳴り声で目が覚めました。

時計を見ると夜中の一時過ぎ…おいおい私寝すぎだろと自分につっこみながら
一階で皿など椅子が投げられる音で頭がさえてきました。

97: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 04:14:25

そして恐る恐る一階へおりました。
そしてこっそりリビングを覗き見してみると
父がもの凄い勢いで母をなじり、まわりのものを投げていました。。
母もまけじと言い返し、まさに修羅場でした…
数時間そんなことが続き父は家から出ていきました。
父が家から出ていったのを二階の窓から確認し母のもとへ行きました。
母は父になぐられていたようで顔や腕が腫れていました。
私は…大丈夫?と声をかけすぐに氷水を持って行き冷やしてあげました。
母は泣きながら私に抱きついてきました。
母は私が父に呼び出されたことも知らずに私は不倫していないと泣きながら言ってきました。
私は母に
『お母さんがそんなことしたなんて思ってないから、
もししたとしてもしょうがないよお母さん悪くないよ』と言いました。

100: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 04:26:25

すると母は衝撃的なことを言いました。
『実は○○(←私)には妹か弟がいたんだよ』と…
私はもうわけがわからず混乱し息をしているのかしていないのか
わからなくなり目の前が真っ白になりました。
『ど…ういう…こと?』
やっとのことで口にしました。
母が言うには実は母は最近まで妊娠していたらしいです。
父の子か不倫相手かはわかりませんが母は父の子だと言っていました。

母が不倫していたのは発覚前から一ヵ月もなかったので
色々計算してみても父の子の確立が高いです。
父に産みたいと母が言うと俺の子じゃない!と父は母におろすことを強制しました。
母は父の付き添いもなく一人で病院に行っておろしてきたそうです。

103: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 04:43:15

朝になってしまいました…すみません。。
言い忘れました、父は弟の試合中に私のパ/ン/ツ(母のパ/ン/ツだと思ったのでしょう)を
持っていき母に投げ付け
『このインラン女!このパ/ン/ツはいてセッ ク○したのか!』
などと叫び母と監督になぐりかかり他の人に止められたらしいです。
母は父のこの一件のせいで弟の学校で働いていた仕事をクビになりました。
母の話を聞いて私は父を憎みました。

そして母の話を聞いていると朝になり私は母をなだめて寝かせました。
自分の部屋に戻った私はまた泣きました。
泣いている母の前で我慢していた涙が一人になってでてきたみたいでした。

104: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 04:50:38
やっぱ不倫・浮気は駄目だな、家族そのものが崩壊する
これが夫婦だけなら(勿論それでも不倫は駄目だが)まだ
二人しか傷つかないが、子供がいる場合だと子供にまで
影響が出てしまう

105: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 04:55:12

私は誰かに支えてもらいたくなり彼氏に電話をしました。
が…彼はでてくれませんでした。
彼は芸術家をめざしていた方でかなり多忙な毎日を送っていたので
連絡もほとんどなくとうとうメールも電話もこなくなりました。
まぁ簡単に言うと捨てられたんですね…笑。

それからは学校から家に帰れば夫婦喧嘩、毎日が修羅場状態…
父は母の不倫相手をさし頃すだの言い発狂し不倫相手の家に乗り込んだりする中
何も知らない弟は私に頼ってくるわの毎日で…
彼氏にふられたショックと家のごたごたで学校に行っても心ここにあらず状態でした
友達は普段明るい私の変貌にビックリしていました。

106: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 04:56:36
なんか母親がもの凄く被害者みたいな書かれ方してるけど
自分も不倫した時点で加害者になってるんだよな。
悪いがその時点で同情は出来んな

108: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 05:02:16
弟は大丈夫なのか…
学校で色々嫌な目にあっったりはしなかったの?

109: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 05:03:28

そして父は絶対離婚しない!と離婚を申し出る母に毎夜叫んでいました。。
それを止める私にもおかしくなった父母は暴言をはき母は私にも手をあげるようになりました
私の学校は夏休みに入りこの家にはいたくない!と
夏休みをきっかけに人生初の家出をすることを誓いました
が…当時高校生の私には行き場がなく友達はみんな実家
一人暮らしの知り合いもいなく、またもや人生初のであ い系とやらで
一人暮らしの方を見付けその方としばらくメールをしたのち
数回あって仲良くなったところでその方の家に逃げ込みました。

112: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 05:19:38

>>108弟からは何も聞いていないのでわかりませんが弟はそのクラブチームはやめました。
私はであ い系ってチャラチャラした人や一夜限りの相手を探すところだと思っていたので
彼の家に泊まりに行く時点で覚悟していました。

ですが家出していた三週間彼は何もせずただ毎日抱き締めながら私の話を聞いてくれていました。
そして逃げていちゃいけないよと私を家に送ってくれました。
母と父は私が家出したことがショックだったらしく二人とも私を攻めませんでした。
二人は私がいない間に話し合い離婚はしないことにしたそうです。

あれから二年たちましたが父と母は今でも時々大喧嘩はしますがまだ離婚していません。
中途半端かつ長ったらしくなりすみません。これで終わりです

113: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 05:22:02
お疲れさま
これから投稿者にいい出会いがある事を祈るよ

117: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 05:28:31
>>112



コーチはどうなったの?

118: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 05:29:10
>>112
まー何もなくても、あんな事言われたら居にくいわな…
弟テラカワイソス 

119: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 05:31:33
>>113ありがとうございます。
実はそのであ い系で知り合った彼と今付き合っています。
彼は私が当初の両親のごたごたでストレス性ジンマシンと
ストレス性の抜け毛になったのを知ったうえで付き合ってくれ今では彼のおかげで治りました。
辛かったけどそのおかげで出会えた彼なので大切にしていきます。

120: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 05:32:08
>>119
おめでとー。いい彼に出会えたね!

121: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 05:38:19
>>117わかりません…監督はあれから一度もあっていませんし
両親に話を聞いていないので…すみません。
>>120ありがとうございます。
二年たちましたがまだまだ何かと不安定な家なので彼がいてくれると心強いです

122: 恋人は名無しさん 2006/06/16(金) 07:18:27
>>121
とりあえず、お疲れ。

しかし、なんつーか、救われない話だな。朝からちょっと鬱になってしまった。
がんばって生きていけ。







引用元: ◇修羅場◇part27



スポンサーリンク

 



スポンサーリンク