602: 恋人は名無しさん 2008/12/08(月) 17:48:02 ID:AQb7L5LH0
高校生の時の話。

自分・みき
相手・ゆう君 3歳年上
ゆう君の彼女・歩さん みきの学校の先輩 2歳年上

バイトに入ってすぐに先輩であるゆう君好きになる。
何というか、優しくて気が利くお兄さんって感じでバイト先の女の子にはモテてた。

同時に同じ学校の先輩である歩さんとも仲良くなる。
歩さんは特別に可愛がってくれてたし、手紙交換とかもよくしてた。
ある日、歩さんと遊んでる時にプリクラ帳を見せてもらうと、
ゆう君とのプリクラた写真がたくさん・・・。「付き合って2年だよ」と聞かされる。
この時は頭が真っ白で、思わず泣きそうになった。
バイト仲間に話すと「それでも諦めずにいれば叶うよ」と説得され、
傷つくのも覚悟で密かに想うことを決意。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

604: 602 2008/12/08(月) 17:51:19 ID:AQb7L5LH0
それから少しして、同じバイトの先輩・平沢さんに告白され、悩んだが付き合った。
その頃からゆう君と少しずつ仲良くなり始める。
と言うか、平沢さんとゆう君は仲良かったので、茶化されたり、色々聞かれたりしてた。
しかし、程なくして自分自身に疑問を抱く。
平沢さんは愛してくれてるけど、私はその気持ちに答え切れてない、って。
その事をゆう君に相談すると「アイツは不器用だけどイイヤツだよ」と言われ励まされる。
この時にやっぱゆう君が好きなんだと改めて思い、平沢さんとは別れる決意をする。
泣いて縋られたけど、何とか別れられた。

それからゆう君とメールをする日が増えて、1日に何回もメールをするようになった。
だんだん気持ちが抑えられなくなって、分かって欲しくて告白した。
何て言っていいか分からなかったから「好き」とだけ言った。するとゆう君は「気づいてた」と。
でも明確な返事は貰えなかった。
勿論、歩さんともラブラブな感じだったからなかば諦めモードではあった。



605: 602 2008/12/08(月) 17:53:15 ID:AQb7L5LH0
それからは、メールは日課になってた。
他愛もない内容だったけど、ゆう君はすぐに返事くれてた。
ある日の夜中、私が会いたいって言ったら会いに来てくれた。
凄く嬉しかっけど、特別な事はなくただ公園で夜空を見ながらずっと話してるだけだった。
その後も何度か会ったり、メールは続いてた。

そしてある日。歩さんからメールが来た・・・。
歩「みき、ゆうちゃんの事好きなの?ってか、二人で会ったりしてる事も知ってるよ。そうゆうの止めて欲しい。」
今までにないような口調でした。
みき「すいません。でも奪うつもりとかないんです。ただ色々相談に乗ってもらってて・・・。ごめんなさいもうしません」
歩「もういいから、もう二人で会ったりしないでね」

どうやら携帯を見たらしい・・・。そんな事する歩さんに少し呆れた。



606: 602 2008/12/08(月) 17:54:56 ID:AQb7L5LH0
それからは私からメールするのは止めたし、向こうからも来なかった。
歩さんとも特にわだかまりはなく、以前のように仲良く遊んだりしてた。
そんなある日、ゆう君から突然メールが来る。
「俺のスケジュール見て欲しい><」って。
そこからまたメールが始まる。
久しぶりにメールが出来たのが嬉しくって、調子に乗って会ったりメールしたりしてしまう。

それがまた歩さんにバレ、私、呼び出される。泣
「どうゆうつもり??前にも言ったよね。嘘ばっかついて最低だね」前回とは違い、凄く怖かった。
そして最後に「アイツとは別れるから、そんなに好きなら勝手にしたら?」と言われる。
ゆう君にも同じ事言ったらしい。
でもゆう君は歩さんに「別れたくない、みきとはなんでもない」って、
根気良く説明したらしく、ふたりはヨリを戻した。



607: 602 2008/12/08(月) 17:56:24 ID:AQb7L5LH0
それから歩さんとは気まづくなって疎遠になった。
ゆう君にも特に近付く事無く日々過ごした。
1年半くらい経って、今度は彼の方から近付いてきた。
「歩が神経質で疲れる。何かとみきとの事を疑われる」って。
相談乗ってるうちにだんだんゆう君の歩さんへの気持ちが無くなってるのに気づいた。
逆に私との距離がドンドン近付いてるのを感じてた。
ダメだ、と想いながらバカな私は気持ちを抑えることは出来ない・・・
ある日、バイト終わってから会って車の中でキスしてヤってしまった。
自分は処/女だったが、優しくしてくれた。
「好きだ」と初めて言われ、ようやく私が彼女になれたんだと感無量になった。
何より、歩さんと私が同じ時間にバイトが終わっても、
私と一緒に帰ったり、ごはん食べたり私を優先してくれてたのが嬉しかった。



614: 602 2008/12/08(月) 18:07:58 ID:xe6IaGh7O
規制かかったので携帯から

当然そんな事していれば歩さんにも気付かれ、問い詰められる。
物凄い勢いで怒ってくるので私はもう関わらないで下さい、とお願いする。
しかしあまり納得してくれない。それどころかバイト先の人にもいいふらされ、歩さんと仲が良かった人中心に嫌がらせをうける。
最低な思いをしたが、それでも頑張れたのはゆう君ががんばってくれたからだと思う。
諦めずがんばれば想いは届くんだなって思った。

以上私の修羅場でした


617: 恋人は名無しさん 2008/12/08(月) 18:11:52 ID:FAMtgcSx0
やっぱ思い通りだったよー。

歩先輩は男運は悪かったけど優しい女性なんだね。
だって恋空(笑)よりずーっと楽勝な修羅場で終わってくれたじゃん。


619: 恋人は名無しさん 2008/12/08(月) 18:13:43 ID:vK/hehInO
なにこの自称愛されスイーツ(笑)
何が諦めずがんばれば、だ(笑)


618: 恋人は名無しさん 2008/12/08(月) 18:13:00 ID:ae2nxbuZ0
略奪しといて「携帯みるの呆れた」ってw図々しいw


667: 恋人は名無しさん 2008/12/09(火) 09:26:20 ID:42whB19f0
>>605
> どうやら携帯を見たらしい・・・。そんな事する歩さんに少し呆れた。

お前に呆れるわwwwww


625: 恋人は名無しさん 2008/12/08(月) 18:35:39 ID:90Armv4SO
修羅場だったのは歩さんの方だろ。











引用元: ◇修羅場◇part67



スポンサーリンク

 



スポンサーリンク