924: 名無しさん@おーぷん 2014/12/19(金)23:01:13 ID:???
金の話の流れで思い出したんだが、この前義父が鬼籍に入ったんだよね。
卒中で急タヒ。
義母はその数年前にガンで他界。
で、旦那は一人息子なので遺産はみんな旦那に来た。

北関東の過疎化した商店街で洋品店をやってて、「(動産の)遺産が葬式代上回るといいなあw無理かなw」と笑ってたら、
実はうちの家ローン2、3回返せるぐらい貯金持ってた。

通帳やら色々調べた結果、義母がガンを発病する少し前、宝くじで大金を当ててたらしい。
遠方でも年に数回会ってたし、疎遠ではなかったんだけど、全然そんな話は知らなかった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
924: 名無しさん@おーぷん 2014/12/19(金)23:01:13 ID:???
「なんで知らせないかな〜俺真面目に働いて家族養って、親孝行もしてるつもりだったのに、信用なかったんだな・・・」
と、遺産のお蔭でローン返せたのに、旦那激落ち込み。

でも思えば、大金が当たったの、旦那と結婚した一年後なんだよね。
お祝いはもう貰ってたし、これから家庭を作っていく若い二人にそれ以上のお金は要らない、
と思ったのかなあ、とも想像したりした。

義両親は大金当て、一時店を閉めて(地元の老人ぐらいしか来ない商店街だから全然問題ない)
2週間の船旅に行って、帰って来て、また店開けて、義母の発病・入院でまた店閉めて、義母のタヒ後しばらくして
また開けて、そして義父も亡くなった。

あれだけの大金があったら(当たったお金は、船旅代にしか使ってなかった。義母は保険入ってた)、
店なんて閉めても全く暮らしに困らないのに、いくらでもタヒぬまで遊べたのに、
何考えてたのかなあと思う。
義母も義父も良い人だったけど、あまり自分から喋らない口数少ない、謎の人だった。

宝くじ当てた人って、他の人もそんな感じなのかね。

925: 名無しさん@おーぷん 2014/12/19(金)23:08:08 ID:???
堅実な義両親だったんだね。
身を持ち崩すような散財はしないで、息子夫婦へ残そうと思ってくれたんだよ。
良かったね。

926: 名無しさん@おーぷん 2014/12/19(金)23:18:24 ID:???
大金当てても店開けてたのは、労働できるのに労働しない人間でいる暮らしには、
耐えられなかったのかもしれないね。
昔の人間はそういう潔癖さを教育で叩きこまれてたりするから。










引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験



スポンサーリンク

 



スポンサーリンク