938: 名無しさん@HOME 02/06/28 21:22
義両親宅で、毎年正月恒例、親戚一同の食事会でのこと。
私たち若夫婦に対して、義両親&親戚ババらが、
「○○(旦那)だけの給料でやってけるの?」(安月給)
「○子さん(私)は働かないの?」(当方専業)
「お子さんは、まだ?」(まだ)
「○子さん、書道をなさってるって聞いたけど、当然師範よね?」(・・・)
もう、イヤミばっかりで、こめかみに青筋たってきた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
938: 名無しさん@HOME 02/06/28 21:22
その日は、中古で購入したばかりの車で行ったら、
それを見た一匹のババが、
「○○(私の地元)ナンバーなのはナゼ?」ときた。
私の地元のナンバーだったのは、
地元の知り合いのコネで安く手配してもらって、手続き上、
早急に車庫証明を取らねばならず、一時的に私の実母名義になっていたから。
という、バカまじめな説明をする気にもなれなかった私は、
「あの車、私の母名義(←強調)なんです。
 だから、○○さん(旦那)と離婚したら、
 車は私のものですッ。ハッハッハッ!」と、
屈託のない笑顔で、さわやかに申し上げました。
(注)この時、ババたちとは初対面。
   その後、車の名義変更はしました。

スッキリでもないか・・・。

939: 名無しさん@HOME 02/06/28 21:24
よく言った!

940: ナマステ人 02/06/28 21:24
>>938
迷惑な親戚とお節介は何処にでもいるナマステ。

942: 938 02/06/28 22:08
まだまだ、色々あるんですよ。

数年前、義両親宅で、舅姑&私たち夫婦の4人ですき焼きしました。
私は、最近のどこかのスレにあった、
「私は1200円の肉しか食べない」(だっけ?)の人と違って、
すき焼きってだけで大喜び。
せっせと手伝い、「いただきまーす」となったら、
姑は「はい、お父さん、お肉。はい、○○(旦那)、お肉。」と、
次々に肉を彼らの小皿へ運ぶ。
ホント、橋田スガコも使わぬ、分かりやすい低俗なイジメさ。
「ま、いいや。気にするこたぁナイ」と思い、
私はマイペースで食べていた。

食事もなかば過ぎ、
姑は「お父さん、ご飯のおかわりは?○○(旦那)も、どう?」
と促したが、二人とも首を振る。
間髪いれずに、私が「おっかっわりー!」と声高に叫び、
てんこ盛りで、「おしん」のごとく、
お釜のへばりついた米、一粒も残さず、
盛り上げてみました。
そして「ご飯って、おいっしーなー!」と、
テレビのCMでも見たことのないタレント振りを発揮して、
演技ではありましたが、むさぼり食ってました。

皆さん、こういう路線で、私はOKでしょうか?

943: 名無しさん@HOME 02/06/28 22:12
>>938
無理して演技してるならやめた方がいいと思うんだけど。
疲れると思うよ。

944: 名無しさん@HOME 02/06/28 22:12
ちょっとうざいかも

946: 名無しさん@HOME 02/06/28 22:15
私も942と同じような事を姑にされた事があるけど
何も聞かれなくても黙ってたよ。知らん顔してた。
姑はイビリで嫁がどんな反応をするか楽しんでるところがあるから
思い通りにならないようにしてる。

948: 938 02/06/28 22:16
そうね。うざがられちゃった・・・。
やめときます。

951: 名無しさん@HOME 02/06/28 22:19
何も聞かれないのってイジメなの?

それに、もし自分の小皿に勝手に肉入れられたとしても嫌な気が・・・

953: 名無しさん@HOME 02/06/28 22:21
>>951
そうだね、4人で食べてて一切何も聞かれないなら無視されてる→意地悪
こういう事にもなるかもよ。

954: 938 02/06/28 22:27
>>951さんの意見で、そうかって部分に気づいた(ちょっと真剣)。
もしかしたら、姑さんは「勧めると、かえって悪い」と
思っていたからかも???
うーん、でも>>953さんの言うとおり、
やっぱ、私だけ何も言われないのって、
その場では結構、肩身が狭かったよ。

949: 名無しさん@HOME 02/06/28 22:17
今後は誰に何を言われようが冷ややかに対応する事です。
「あっそ、フ〜ン」という姿勢でね。
相手が文句があるなら付き合わなければいいだけ。

952: 名無しさん@HOME 02/06/28 22:20
そ、そ。
ぎりぎりまで( ´_ゝ`)フーンで対応し、
限界を超えたある日、突然ぶちきれる。これ最強。










引用元: 勇者降臨待つ! 新 舅・姑に言ってスカッとした一言



スポンサーリンク

 



スポンサーリンク