864: 名無しさん@HOME 2016/10/25(火) 04:38:28.26
小学校の卒業式の後、母親と電車に乗って祖父母の家に向かっていた 
その車中で、見知らぬ女性が母親に話しかけて来た 

母の知り合いだと思って、挨拶した 
母親が、その女性から見えない位置で私の腕を強くつかんだ 
でも顔は女性の方を見たまま、にこやかに当たり障りなく対応している 
会話を聞いているうちに、

あれ?もしかしてこの人、母の知り合いじゃない?初対面?って気が付いた
 

スポンサーリンク

 


電車が駅に停まり、女性が手を振りながら降りて行った
母はずっと緊張していた
電車が動き出すと、母が「車掌さんを呼んでください」って言って
やって来た車掌さんに、さっきの女性の特徴と降りた駅名、
女性がずっと手を入れたカバンの中でカッターを握っていた事を告げた

母は背が高く、その日はスーツに合わせてヒールのある靴を履いていたので
私とさほど背が違わない女性のカバンの中が見えたらしい
私は、母が半ば身体で隠すように女性から遠ざけられていたので
女性がカバンに手を入れていたことも知らなかった

とにかく相手を刺激しないように、にこやかに話を合わせながら
私を守ろうと必死だった母の修羅場
ちなみに母と女性とは全く面識なしだった

865: 名無しさん@HOME 2016/10/25(火) 06:30:55.86
こわ
お母さん内心gkblだったろうね

866: 名無しさん@HOME 2016/10/25(火) 08:09:59.24
誰に車掌を呼ばせたの?
直接最後尾行った方が早そう

868: 名無しさん@HOME 2016/10/25(火) 09:21:46.32
田舎の電車で、各車両に車掌室への電話がドア付近についてた
母はその電話の近くにいた人に、電話をかけて車掌を呼ぶように頼んでた
腰が抜けてたって言うのもあるかも




引用元: 今までにあった最大の修羅場 £119



 



スポンサーリンク