234: 名無しさん@HOME 2013/09/24(火) 01:51:00.04 P
小一の頃に両親が離婚して私は母に引き取られた。 
父は子煩悩で休日ともなれば朝から晩まで遊んでくれて大好きだったので 
「もう一緒には住めない」と聞かされて号泣したのをよく覚えている。 

その後母は女手一つで大学も出してくれて私も無事に就職が決まった。 
父とは最初は定期的に会って相変わらず遊んでもらっていたけど少しずつ会う回数は減った。 
私は最初は父と引きはがした母が嫌いで、でも他に行く場所もないので 
仕方ない気持ちで暮らし続けその反動が父にも向いてという感じで反抗期に突入し 
中学2年以降は父にはほとんど会わなくなっていた。 
連絡はとれるけど年に1回会うくらい。 

最近フト母親に「そういえばなんで離婚したの?」と聞いてみた。 



(反抗期=話さないことに忙しかったのでちゃんと聞いたことがなかった)
父と母はそれぞれ自営業で独立開業していたんだけど
収入が安定しているとは言えずどうやって暮らしていこうか
どうやって将来に備えようかという話し合いを繰り返していたけれど
父はとにかく何でも母に丸投げで話し合いにならず
保険も年金も住民税も平気で滞納しては期限をだいぶ過ぎて
「もう今度は差し押さえしてやんよor保険なしにするよ」みたいな督促が来てから
ようやく払うようなことを何度もやっていたそうな。

こんなんじゃ将来家族共倒れだと考えている内に父方の祖母の具合が悪くなり介護同居開始。
そこでも仕事と子育てをしながらの介護と親戚からの嫌がらせも母に丸投げ。
要するに「子供と楽しく遊ぶ」ことだけは一生懸命だけどその他の実務がダメ。
もうこりゃイカンと祖母を見送ってから自分の仕事を諦めて就職して貯金して
それであの時に離婚して家を出たのよと教えてもらった。
一応父にも「お母さんこう言ってたけど?」と聞いてみたら
なんかモゴモゴゴニョゴニョ言いながら認めていた。

色々と気持ちは複雑なんだけど、ちょっとどう考えていいのか判らない自分がいる。
ずっと「大好きなパパと離されたかわいそうなアタシ」がいたんだけど
母親はやっぱり母親なりの修羅場もあったんだなとか色々・・・。

235: 名無しさん@HOME 2013/09/24(火) 01:58:49.03 0
恨まれてでも子供を守る母の愛、だね。

236: 名無しさん@HOME 2013/09/24(火) 02:04:38.92 0
トーちゃんエネミーやな・・・

237: 名無しさん@HOME 2013/09/24(火) 02:08:22.18 0
父親に引き取られてたら
また違った人生になってたんだろうなあ






引用元: 今までにあった最大の修羅場 £94