771: 名無しさん@HOME 03/10/30 14:46
スカ…かどうか微妙なのですが、聞いて頂いてもいいでしょうか。 

772: 名無しさん@HOME 03/10/30 14:47
>>771 
щ(゚д゚щ)カモーン

773: 771 その1 03/10/30 14:52
ではお言葉に甘えて。ちょっと長いので分けますね。 
義理家族とは歩いて5分の近距離別居です。 
トメは私達の家政にあれこれ口を出したり、仕切りたがりで、 
息子一家は何でも自分の言うことを聞くものと決めつけていました。 

私は最初はまあまあ調子を合わせようとしていましたが、あまりに口出しが酷いので旦那に相談し、 
「こっちにも都合があるから断ることもあるから」と言ってもらいましたが、
干渉は減りませんでした。 



例:1.孫子のお宮参り後の食事会(誕生日/旅行等あらゆる行事で同様の事あり)
   我々夫婦がすでに段取りしているにもかかわらず日時・場所を変えさせようとする。
   →「自分の子供のお祝いは自分たちの手で」と言うことにして旦那と阻止。
  2.生協に勝手に私達の家の分も入会
   →近所のつきあいで仕方なく入会しましたが、折を見て友達のお嫁さんと一緒のタイミングで脱会。
  3.トメ知人の生保のおばちゃんを送りこんできて入会させようとする。
   →旦那の会社で団体保険に加入してるのを理由に丁重にお断り。あとでトメから説教?あり。
  4.トメ知人のセールスの人を見境なく連れて来る(化粧品.健康食品.etc)
    それも諸々の家事をかたずけて、漸く仕事(在宅ワークです)をしようかという時間を狙ったように。
   →買ってもいいかなと思うものは買いましたが、大抵益体もないモノなので丁重にお断り。
   その都度「必ず期待に添えるとは限らないのでセールスの人はつれてこないで欲しい」
   「仕事もあるので、連れて来るにしても事前に打診して欲しい」とお願いするも
   「生意気言って。私のほうが物の良し悪しがわかるんだから」でトメは全部スルー。

トメの決め台詞は「あなた達のためを思って」です。ひとつひとつは些細なことかもしれませんが、
押しつけられてばっかりでもう我慢の限界も近いなというところまで来ていました。
そして昨日、我慢の限界を超えるセールスマンが送りこまれてきました。
住宅のセールスマンです。

774: 771 その2 03/10/30 14:53
確かに我が家には住宅を買おうかと言う計画がありました。でもそれはあくまで計画段階で
具体的には何も決まっていませんし、まだ夢の段階と言った方が近い状態です。
なのに、旦那が「家買おうかな~と思わないこともない」といったのを真に受けて、
トメは「知人の知り合いの紹介」という、よくわからない人を送りこんできたのです。

玄関先で「お姑様の御紹介で」といわれればドアを開けない訳にもいかず、
取りあえずパンフレットだけ受け取れば気が済むだろうと思った所が、
そのセールスマンの口からは意味不明の言葉が出てきました。
「二世帯住宅を御計画だそうですね。あらましはお姑様に伺ったので細かいことを御相談しに…」
寝耳に水と言うか、あまりに唐突過ぎて
しばらくそのセールストークをさえぎることも出来ませんでした。

今迄私はなるべく穏便に事を済まそう、
妥協できるところはしようと、色々頑張ってきたつもりでしたが、
「二世帯住宅」「あらましはお姑様に伺った」の言葉で、努力は全て無駄だったとさとりました。
まさか旦那が勝手に了承したのかと、携帯に確認してみても、
「なんの話だ? 知らない。セールスは追い返せ」との事で、彼も全く知らない様子だったので、
ともかくセールスの人には、そんな計画はないこと、姑は私達になんの相談もせず
勝手にそう言ってるだけだと言うことを説明し、
このままではセールスマンさんが板ばさみになって困るだけだろうからと、
義実家に一緒に来てもらい、トメと対決することにしました。

トメは「あら、お話決まったの?細かい打ち合わせに来たんでしょ」と
満面の笑顔で私達を迎え入れたものの
私はそれを無視し、出来るだけ冷静に言いました。
「何故そうなるのですか? そんなお話はありませんでしたよね?旦那も知らないと言っています。
まだ計画もないのにこの方(セールスマン)を振りまわすのは気の毒なので、
引き取って頂くことを御報告に来ただけです」(細かい台詞は忘れましたが、大体こんな感じです)
そして、セールスの方には無駄足を踏ませたことをお詫びして、帰って頂きました。

775: 771 その3 03/10/30 14:54
そのあとトメは散々私を責めてごちゃごちゃいい、最後にいつもの決め台詞が出ました。
「私はあなた達のためを思って、言ってるのよ。わからないの?」
私を散々追い詰めたこの台詞。もう聞くだけで吐きそうでした。
今迄このスレや関連スレで勇者の方々を拝見し、
言えたらいいと思っていた言葉を、その時やっと口にできました。

「ありがとうございます。でも私達ももう成人ですので、本当に私達のためを思うのなら、
口出ししないで頂けませんか」
怒ってなにか言おうとするトメに、更に
「とにかく家のことに関しては、勝手に先走らないで下さい。お忘れかもしれませんが、
私の実家は不動産屋です。紹介ならそちらの方が確実ですので」とだけいって、帰りました。
(本当は、「うちは不動産屋だ、知らないとはいわせん、喧嘩売ってんのか」といいたかったのですが、そこまで勇者にはなれませんでした。)

夜、旦那の帰宅後、あらましを報告して、
以後義実家経由のセールスは門前払いでいい約束をとりつけ、
義実家の窓口は全て旦那と言うことにしました。
さっきもトメが来たようですが、居留守で無視です。
初めから無視すればこんなに楽だったのにと悔いると同時に、
やっと言いたいことが言えてスッとしました。
それを誰かにきいて貰いたくて書いてしまいました。

長文の割にたいしたことなくてすみません。

777: 名無しさん@HOME 03/10/30 14:57
いやいや。
充分GJ!

「あなたたちのため」
って
「自分のため」って意味だったんだね。
トメにとっては。

780: 名無しさん@HOME 03/10/30 15:37
このままうまく断ち切れればいいけど、トメはしつこいからねー!

うん、本当に。
今回はひとまずGJ!!
まだまだ嵐の予感はするが。

781: 名無しさん@HOME 03/10/30 15:39
不動産屋の娘に
住宅のセールスを送り込むなんて
間抜けすぎるトメ…。

783: 名無しさん@HOME 03/10/30 15:40
嫁の実家にたのむと嫁の意のままだから
その前に自分でなんとかしちゃおうと思ったのかな?
おばかさんだね~

788: 771 03/10/30 16:16
GJと言ってくださってありがとうございます。
「今日こそ言う! これだけは言う!」と一杯一杯だったので
傍から見たら前々冷静じゃなかったかもしれません。
勝手に「二世帯住宅を建てることにされていた」のは許せませんでした。

家を建てるにしても、実家をあてにすると義実家に良い印象ではないかもと、
実家からは最低限のアドバイスだけ貰って…と考えていましたが、
そういう気も、もう使わないことにしました。
喧嘩を先に売ってきたのはトメですから、
心置きなく実家から信用できるところを紹介してもらいます。

トメに対して一度きっぱり言ったことで、肝が据わりました。
聞いて頂きありがとうございました。







引用元: 【勇者降臨】義理家族に言ってスカッとした一言 その40