354: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)21:13:25 ID:KJN
自分の同僚が変わってしまった。

昔、会社にアトピー?か何かで肌が荒れてしまってる同僚がいた。
マメに薬とかも塗ってたけど、良くはなる様子はなかった。
でも、その同僚はすごく心優しい人で、
見た目はアレだったけど、皆とは仲良くしてたし、嫌われることもなかった。

そんな同僚に彼氏ができた。相手は、同じ高校に通っていて、同僚に片思いしていたらしい。
肌が荒れだしたのは、勤めだしてかららしく、
彼女も自分の見た目には卑屈になっていて、こんな見た目だからと断ったそう。
でも、その彼はそんなの気にしないからって、手の患部にキスしたんだそう。
心優しい彼女に惚れたそう。
そういう相手も見つけられて羨ましいな、って私も思ってた。


最初半年くらいは、雰囲気こそ明るくなったけど、大きく変わったってことはなかった。
でも、半年くらいすると、彼女が職場にお弁当を持ってくるようになった。
何でも彼氏さんが、料理の資格か何かを取って、
彼女にお弁当を持たせてくれるようになったらしい。
その資格を取ったタイミングで同棲も始めたそう。
家事分担は、料理と力仕事は彼氏さん、他は同僚と言うふうに分けていたらしい。

で、そこからが凄かった。
一年もすると、あれだけ薬を塗っても治らなかった肌がキレイになった。
昼ごはんに限って言えば、確かに彼女の食生活は良くなかったとは思う。
生野菜にドレッシング掛けただけの日もあれば、おにぎりだけの日、食べない日もあった。
でも、彼氏さんが作ってくれる料理を三食きっちり食べるようになったら、自然と改善されたそう。
見させてもらったし、交換とかもさせてもらったけど、バランスも良くておいしかった。

みんなで、
「やっぱり食べ物ってだいじなのねー」とか「愛の力じゃん」
とか言って、ワイワイ盛り上がった。
もちろん、その後結婚。同僚も、
「結婚も、ウェディングドレスも諦めてた」
って言って、泣いて喜んでた。

その後、彼女は順調だった。
肌が治ると、超は付かないまでもかわいくなったし、雰囲気も明るくなって、
会社内での成績も上がり、それなりの立場も任されるようになった。
オトコ版のアゲマンだ!すごいねー!っていう話になった。

355: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)21:14:29 ID:KJN
でも、結婚から3年くらいした時に崩れ始めた。
同僚は立場も任されるようになって、お給料は上がっている一方、
会社にいる時間も長くなった。

私が、
「こんな遅くまで大変だね。旦那さん今1人?」って聞くと
「今は私の実家だと思う。」とのこと。
え?ってなって詳しく話を聞くと、
いつも同僚が帰るくらいの時間まで、同僚の実家の家事をさせているとのこと。
「それって大丈夫なの?」って聞くと、
「お給料の差もあるんだから、これくらいしてもらって当然」って言ってのけた。
お給料の差って、あなたの三食をきっちりと作るために、
時短勤務にさせたって言ってたじゃん…って思ったけど、口には出さなかった。

一緒にお弁当食べたときも、
「最近、お弁当手抜きな気がする」って愚痴を吐いていた。
それも、住んでる家に加えて義両親の家の家事までやって、
仕事もしたら質が落ちるのはしょうがないじゃない…って思った。
「惚れた弱み」という武器を最大限活用してた。

家事分担もその頃になると無くなってたと思う。
土日もどちらかは、ショッピングとかネイルとかエステとかに行ってるみたいだったし。
浮気の噂まであった。
皆何度も諌めた。私もそう。
「結婚式の頃を思い出しなよ。旦那さんかわいそうだよ。」
と諌めた。でも届かなかった。
会社内での彼女の友達は、私含め、彼女の心優しさが好きだった。
それは旦那さんにも当てはまったはず。
見た目は綺麗で華やかになっても、彼女が心優しさをなくすと、
男は寄ってきても、昔からの付き合いのある人は1人2人と離れていった。私もそうだった。

変わったな、って感じて2年半くらいした後だと思う。同僚は離婚した。
何でも旦那さんが倒れたみたいで、旦那さんの様子を知った旦那両親が連れて帰ってしまったらしい。
彼女は朝早かったから、5時にはお弁当をつくり始めてたと思う。
冷凍食品は一切使われていなかったし、野菜・肉or魚を彩りよく作るのは相当な手間だったと思う。
そこから仕事に行って、帰ると同僚両親の家で家事、そこから同僚が家に着くのは10時くらいだから、それに合わせて夕食。他の家事はそこから(同僚発言から)。
そりゃ倒れるよって思った。

離婚してすぐに、同僚は彼氏を作った。
あんな尽くしてくれた旦那さんのことを思うとやり切れなかったし、ドン引きした。
でも、離婚してから半年もすると、同僚の肌は昔に戻ってしまった。
そりゃ、あんな手の込んだ料理なんてちょっとやそっとじゃできないよ。
彼氏にも振られた模様。本当にバカだなって思う。
本人も居づらいだろうし…でも今さら話しかけるのもな…

356: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)21:27:02 ID:BCl
結局優しいんじゃなくて自信が無くて控え目に振る舞ってただけだったんだね

357: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)21:30:33 ID:EEa
なんか童話とかにありそうな話だが思い出せない

358: 名無しさん@おーぷん 2016/02/04(木)21:33:32 ID:LY8
>>357
ラプンツェル?
髪の力で若さを保ってた魔法使いがいなかったっけ?


※ここから同僚さんの書き込みになります。

447: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)21:56:56 ID:1EU
少し長いけど、愚痴と相談です。お付き合い下さい。

物心ついたときからアトピーで苦しんできました。
小学校中学校はいじめられていましたし、高校では避けられ続けてきました。
そのときから結婚は無理だなってあきらめていたので、
がんばって勉強して医学部に入り、医者になりました。
大学に入ると、薬のおかげで見た目もマシになり、彼氏ができました。

その彼氏と旅行に行ったとき、薬を持っていくのを忘れて、
起きると肌が被れてアトピーそのものの肌になっていました。
もちろん彼氏にもばれたのだけど、まったく気にせず、患部にキスまでしてくれました。
当時一人暮らしだったので、食生活がメチャクチャだったので、
彼氏がそこから直そうといって、毎晩ご飯を作ってくれ、お昼のお弁当まで用意してくれました。
それに加え、化粧水まで手作りで作ってくれて、
そんな生活を続けていると、薬はある程度必要なものの、肌は健常者のそれになっていました。

そうこうして、結局その彼氏と結婚。
彼氏には専業主夫になってもらうことにして、食事などをお願いするようにしていました。

ただ、結婚生活はすれ違いが多く、私がいつも多忙なのに、
旦那の笑顔が好きだったのに、その旦那がニコニコしているのが本当に腹が立ちました。
私が忙しくしているのに、旦那がのほほんとしているのが許せず、家での家事に加えて、
私の実家での家事や農作業を毎日手伝わせ、それで家事の水準を落とさないようにきつく言いつけ、
それが出来なければ、字のごとく怒鳴りつけていました。

そんな生活を3年くらい続けていたのですが、
あるとき旦那が実家に向かう途中で倒れ、救急搬送されました。
しかも運ばれたのは運悪く、私の同僚もいる経歴病院でした。

検査の結果が、倒れた原因は過労。
その結果、腎臓がおかしいという事。
そのとき私は非番だったので、旦那とは別の男の人と会っていたため、
連絡もつかず大騒ぎになったそうです。
さらに、その間に旦那が担当の医者に、生活の状況をありのまま話したらしく、
すべて合わせて私が大目玉を食らいました。

そうして旦那は入院していたのですが、その間に旦那から離婚を切り出され、結局離婚。
今では、旦那の料理も食べられず、お手製の化粧水も切れてしまったので、
肌もぼろぼろになり、その件もあいまって職場でも孤立してしまっています。
それまで、旦那の家事を手伝った事もなかったから、旦那がせめてもと残していってくれた、
料理や化粧水のレシピ、日常生活で気を払っていた事、使っていた調味料類などを
書いていってくれたノート(10冊くらい)を見ても、何も分かりません。

旦那は今、同僚の女医と再婚し、そこで専業主夫をしているみたいです。
何度かやり直さないかとお願いもしましたが、すべて断られ、
その同僚や上の人にこっぴどく怒られました。

今の転落人生が辛いです。虫がいいのは分かっています。
前の旦那とやり直す事はできないでしょうか。

450: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)22:07:52 ID:tpr
>>447 無理。
あなたが元旦那さんを必要とするのと同じくらい、
今嫁さんは元旦那さんを必要としているから。

元旦那さんは今嫁が必要で、それ以外の女はいらないんじゃないか。

今嫁とたとえ破局しても、あなたとはよりは戻らない。
だって元旦那からみてあなたってば地獄の獄卒だからね。
鬼の懐に好んで飛び込む亡者はいない。
仏の御許にいたいじゃん?

今嫁>ほかの女>>>>>>壁>>あなた だと思うよ、正直。

452: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)22:08:58 ID:pGu
>>447
無理でしょー
健康管理機能付きの召使いロボじゃないんだし
ご飯の作り方や化粧水の作り方はノート読みなよ
残してくれるだけ優しいよ

453: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)22:09:38 ID:1EU
>>450>>452
せめて定期的につくりに来てもらうだけでも良いので・・・

455: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)22:12:50 ID:tpr
>>453 ならお金つめば?
化粧品つくってもらって、今嫁経由で販売してもらえばいいよ。
今嫁が許可するならね。

「だけでも良いので」
「だけ」じゃないんだよね。「作りに行くこと【すら】地獄」

そもそも助けてやる義理もないしね。
医者なんだから、自力で研究すれば?
正直、そんな快方に向かう食生活やコスメの本あるなら
商売になるし話題にもなるよねー。

どうしてこういう無自覚系を装った相談って口調や理論が似てるんだろう。
ねえあなた、どう思う?

457: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)22:15:00 ID:1EU
>>455
最後のは理解できませんでしたが、最悪の場合そうします






引用元: スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談Part23