485: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/19(月) 21:34:55.90 ID:FO+bB9pl
自分が母の実の子でないと知ったときが修羅場だった。 
姉妹のうち、私が一番母に似ているので
養子の話も「お姉ちゃんと間違えてない!?」と。 

末っ子なんだけど、ずっと次女とは双子だと思って育ってきた。


考えてみれば、一週間も誕生日の違う双子がいるかい!という感じなのだけど
「あんたはいつまでもお母さんのお腹から出たがらなかったのよ」という母の言葉を信じてたw

実際に私は、父の妹の娘。
実の両親は私が生まれて3ヶ月で事故シ。
父方の祖父母は高齢で、とてもち飲み子を抱えて生活できるような状況ではなかったので
かわいそうだが施設に預けて里子に…という話になったのだが、そこで母が
「うちで引き取ればいいじゃない。双子ってことで。
む ね二つあるんだから大丈夫よ」と言ってくれたらしい。
事実を告げられてから泣いて泣いて悩んだけど、
特に何が変わるわけでもなかったので、一週間で吹っ切れた。

同じ月齢の子供を抱えている今、母の決断がどれだけ大変なものだったかよくわかる。
母にとっては20年間、私以上の修羅場だったと思う。

488: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/19(月) 21:52:24.04 ID:AgEgPBhy
>む ね二つあるんだから大丈夫よ
ちょっと泣けた。かーちゃんすげーな

489: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/19(月) 21:55:16.92 ID:++4aP8C8
>>485 お母さん格好良すぎ!御家族仲良くお幸せに!!

493: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/20(火) 01:27:13.57 ID:R/nm2w4p
>>485
お母さん素敵…
同じくらいの月齢の子供と、その子を残してこの世を去らなきゃならなかった
実母さんを思うと、いてもたってもいられなかったのかもね。




引用元: 今までにあった最大の修羅場 £37