素材41
917: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 14:26:01 ID:f8amG0sE
友達と電車に乗ってた時の話。 
私は生まれつき左足に障害があって、膝が上手く曲がらないんで 
歩き方がどうしてもぎこちなくなってしまう。 
乗って一駅過ぎたら席が空いたんで、「あ、あそこ座ろうか」って 
移動したら、私の歩き方を見た子供が 

「ママ、あのお姉ちゃん歩き方変!」って言い出した。


まあ、子供だし、悪意は無いし、良くあることなんで気にもしなかったんだけど、
その子の母親は私を指差しながら
「○○くんも良い子にしないと、あのお姉ちゃんみたいに歩けなくなっちゃくぞぉ〜」
って言い出した。さすがに悔しいやら悲しいやら変な気持ちになったんだが、
それを聞いた友達が
「人を傷つける悪人にこそバチが当たればいいのに・・」
「あんた、その発言が躾になると思ってんの?」
「この子だって好きでハンデ持ってるわけじゃないんだけど?」
とまくし立ててくれた。
母親は「なにその言い方!目上の人間に向かって!」ってヒスってたけど
周りにいた人にも窘められて最終的には謝ってくれた。
なんか救われた気がしました。

918: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 14:43:28 ID:U+o126bR
>>917
いいご友人だね。あなたのこと大切に思ってそう。
その馬鹿親には天罰が下りますように!

920: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 15:01:26 ID:Wokc33zq
>「○○くんも良い子にしないと、あのお姉ちゃんみたいに歩けなくなっちゃくぞぉ〜」

この発言の時点で、正論や常識が通じる相手じゃないのがわかる。
最終的に周りの人たちの嗜めがあったから謝罪に至ったのかもしれないけど、
場合によってはもっと気分を害することになったかもしれない。
正直、友人の行動は、うれしい行動ではあっても、意味ある行動とは言いにくい。

この場合、嗜めた周りの人たちが、なんつーか、偉い。
そういうことが起こったときに、無視しない「周りの人」でありたい。

>>917に文句があるわけじゃなくて、自分がなりうる立場って基本的に
「周りの人」のほうが多いと思うので、まあそんな感じ。

921: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 15:21:58 ID:EVQlrWT8
この場合、母親の躾として子供になんて言うのがベストなんだろ

924: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 15:31:23 ID:CH+4o4Q1
>>921

難しいなあ


○○くんが足を怪我したらどうやって歩く?
もしその歩き方を友達が「ヘン」って言ったらどんな気持ちになる?
人を傷つけるようなことを言ってはいけません


とかかなー
難しいなあ

927: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 16:32:17 ID:c82PFasF
>>921
そんなことを言ったらダメなんよ、
◯◯が怪我して、一所懸命歩いてるのにそんなん言われたらいやでしょ?
自分が、されたり言われていやなことは人にも言ったらあかんのよ。

うちの婆ちゃんを想像したらこうかなぁ。

928: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 16:53:15 ID:r3zJld4J
色々な人がいるんだよ
だろうなぁ出てくる言葉は…
間違いなく思いやりのない人というか不適切な発言だと思うけどとっさに出るのはこれだな

こういう歩き方の人をよくみるけどそういう事情があったのか…
どうしてああいった歩き方なのか知らなかったから参考になった

931: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 17:40:32 ID:Xu2xI8UY
言い方に悩んでる人多いけど、
ぱっと見じゃ障害か怪我か分からないだろうから、
「怪我してる人にそういう事言っちゃダメ」で終わる話でしょ。
無理にその場で子供に障害を理解させる必要なくない?

932: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 18:52:09 ID:G/91MvJ2
足の事にこだわっているけど、要は他人に対して『ヘン』と言うな、って話じゃない?

怪我、病気、障害、加齢…etc
足が悪くなる原因なんかたくさんあるんだから、そこは深く追求しても仕方ない事じゃないかな〜。

自分と違うからといって別に『ヘン』なわけじゃない。

933: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 19:52:15 ID:F3TFpCLn
>>921
自分語りでスマンが、
子供の頃そう言って母親に思いっきりなぐられた。
でもって「あのお姉ちゃんのところへ言って謝ってきなさい」
戻ってきたら
「何でなぐられたか自分で考えなさい、分からなければ友達に聞きなさい」
だったなぁ

936: おさかなくわえた名無しさん 2009/11/19(木) 21:02:17 ID:gWEVYr+m
>>921
とりあえず真っ先に思い出したのはこれだ。

-----

仕事の移動中に乗った電車の中でのこと。
俺の隣には、幼稚園くらいの女の子が、母親らしい若い女性と一緒に乗っていた。
途中、駅で片腕のない女性が乗ってきて、俺達の向かい側に座った。女の子が
「お母さん、なんであの人は手ないん?」
と、みんなに聞こえる声で言ったので、俺は一瞬ドキっとして、女性と親子から思わず目をそらした。
が、母親らしき女性は慌てることなく、女の子に向かって言った。

母親「いろんな人がいるの。みんなが同じじゃないの。○○ちゃんにはおじいちゃんとおばあちゃんがいないでしょう?」
女の子「うん、みんなはおるけど私はおじいちゃんとかおらへんねんなー」
母親「うん、いろんな人がおるけど、おじいちゃんやおばあちゃんがいないのは、○○ちゃんのせいじゃないでしょ?」
女の子「うん、違う。あ、△△ちゃんとこはお父さんおらへんねんで」
母親「そうね、でも、それは△△ちゃんのせいじゃないよね」
女の子「うん、違う!」
母親「だからね、みんなおんなじじゃないの。みんなそれぞれ、持ってるものと、持ってないものがあるんよ。
   でもね、持ってないからって、その人は何も悪くないし、他の人と何も違わないんよ」

腕のない女性を含めて、車内に乗り合わせていた人たちはみんな暖かい目でその親子を見守っていた。
思わず目をそらしてしまった自分が恥ずかしくなった。

-----



引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(83)