素材12
366: 名無しさん@おーぷん 2015/03/27(金)00:19:29 ID:xlL
娘と一緒に電車に乗ってた時の話
娘は片腕を骨折してたので、座らせてた
途中席が空いたので私も隣に座った
暫くすると小さい男の子を連れたおばさん登場
私の娘を見ると一目散によって来て
「お姉さん大きいから僕にお席かわって」


は?何言ってんのこのガキ、どう見ても怪我人って解るだろ
と内心思いつつも
「私がかわるね」と立とうとした娘を制して私が席を譲った
するとおばさん、娘に向かって
「お姉さん(おばさんのこと)、この子(男の子)と一緒に座りたいから、お席交代してくれる?ずっと座ってたよね?」
身長100センチもない片腕の娘に立てと申すのかこの鬼畜と言いそうになって堪えたと
かなり感情を堪えてたからグヌヌヌって声が漏れたような気がしないでもない
娘に席に座ってなさいと言った後、おばさんと睨み合い
暫くすると、隣でスマホみてた金髪の若者が「おばさん見苦しいわ、怪我してんの解かんじゃん、年寄りで席譲って欲しいなら優先席行けよ」
と顎でしゃくってあしらってまたスマホいじりだした
今の若者って度胸座ってるなぁと関心した
おばさんは男の子連れて車両移動していったけど、そこでも席たかったんだろうな
若者にお礼を言ったけど、スマホを見て無視された
娘も「ありがとう」と言ったら、チラッと目配せして顔を赤くしてそっぽを向いた
今の若者はーって怒る人もいるけど、冷たく見えるだけで優しい子は多いんだろうなと思った出来事



引用元: (-д-)本当にあったずうずうしい話 第2話