【1/6】 【2/6】 【3/6】 【4/6】 【5/6】 最終話
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)


655: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 04:59:14.20 ID:ktYFwS2/O.net
着信。 
深夜0時。 
サリナからだ。 
こんな時間にどうしたんだろう。 
眠りにつきかけていたから少し眠いが、何かあったのかも?と電話に出た。 

俺「もしもし」 

「…」 

俺「どうした? 
こんな時間に。」


656: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:00:21.91 ID:ktYFwS2/O.net
ハル「パパ…
パパ…」
弱々しい声でハルが答えた。

俺「ハルか?
どうした?
何かあったか?」
一瞬で目が覚めた。
嫌な予感がする。

ハル「パパ…
たすけて…シクシク
たすけて…シクシク」

ガシャーンッ

電話越しに何かが壊れる音がした。

658: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:01:20.44 ID:ktYFwS2/O.net
普通じゃない状況に焦る俺。

俺「ハル?
どうした?

何かあったか?」

ハル「パパ…
パパ…シクシク」
ハルは明らかに混乱していた。
俺の問いに答えず、ただパパと連呼している。

俺は急いで服を着て家を飛び出した。
タクシーに乗り込みサリナのマンションへと急ぐ。

660: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:02:34.01 ID:ktYFwS2/O.net
電話をずっと繋げていたけど途中切れた。

いまいち状況がつかめないが、
不安が募る。
ハルは大丈夫か?
サリナは?
ただただ早く着いてくれと願う。

ようやくサリナの住むマンションに着くと、
俺は何ども呼び出しを押した。

662: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:03:47.32 ID:ktYFwS2/O.net
ジュン「はい」

俺「俺だ。
サリナとハルは?」

ジュン「何時だと思ってるんです?
非常識ですよ。

二人はもう寝てます。
帰って下さい。」

俺「ふざけんな。
ハルから電話があったんだ。

とりあえず会わせてくれ。」

途中で電源を切られた。

663: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:04:59.88 ID:ktYFwS2/O.net
たまたまマンションから出てくる人がいた。
その隙にマンションに入り急いで17Fへと向かう。

玄関の呼び出しを何度も押した。
ドアをこれでもかってくらい叩いた。

俺「サリナ?
ハル?」
何度も名前を叫ぶ。
近所迷惑もいいとこだが、俺の心境はそれどころじゃない。

664: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:06:10.04 ID:ktYFwS2/O.net
ガチャッ

ジュン「うるさいな。
いい加減にしろ。

警察呼ぶぞ。」
ジュンが玄関を開け、俺を睨みつけた。

俺はジュンを払いのけ中に入った。

ジュン「おい。
勝手に入るな。

不法侵入だぞ。」
ジュンが俺の肩を力強く掴む。

その手を振り払い中へと急ぐ。

668: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:12:48.66 ID:ktYFwS2/O.net
俺「サリナ?」
サリナは台所でしゃがみこんでいた。

俺「どうした?
大丈夫か?」

サリナ「俺くん…
どうして…?」
下を向くサリナの肩を持つ。

ビクッと体を反応させ、
小刻みに震えるサリナ。
顔を上げたサリナの顔は、少し腫れ鼻血がでていた。

670: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:14:15.62 ID:y0w5euc3O.net
これはジュンを殴っても警察がゆるしてくれるレベル

673: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:15:39.88 ID:ktYFwS2/O.net
俺「ハルがサリナの電話で電話してきた。
何があった?
ハルは?
ハルはどこだ」

サリナ「…」
顔を背けるサリナ。
俺はサリナを置いて子供部屋に入った。

674: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:17:16.22 ID:ktYFwS2/O.net
ハル「シクシク…シクシク」
真っ暗な中、部屋の隅で膝を抱えて丸くなっているハルを見つけた。

俺「ハル?
ハル?」
俺はハルに歩み寄った。

ハル「パパ…
パパ…

うえーん」
鼻水と涙で顔をぐしゃぐしゃにして俺に抱きついてきた。
顔や腕にひっかき傷が。
少し血が出ている。パニックになって自分で引っ掻いたんだ。
そして少し震えている。

675: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:19:25.20 ID:ktYFwS2/O.net
何があったのかすぐに理解した。
リビングの荒れようとハルとサリナの姿を見て。
ジュンが暴れたんだろう。
ハルの怯え方は尋常じゃなかった。

俺「大丈夫か?
もう安心していいぞ。
パパが来たから」
頭に血が昇るのが分かった。

676: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:21:12.79 ID:ktYFwS2/O.net
ハル「パパ…えぐっ

ぼくね…えぐっ
ママまもるのがんばったよ…えぐっ」

ハルは俺との約束を守ったんだ。
やりきれない気持ちと怒りがこみ上げてくる。
俺はハルを抱きかかえサリナの元に戻った。

俺「サリナ。
大丈夫か?」

サリナは震えながら、ゆっくり頷く。
優しく俺からハルを受け取ると泣き出した。

サリナ「ハルごめんね…
恐かったね…
恐い想いさせてごめんね…」

677: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:22:37.43 ID:ktYFwS2/O.net
ジュン「おい、おまえ。
勝手に入ってきやがって。

ふざけんなよ。」

ジュンが片手にゴルフクラブを握り、俺に近づき胸ぐらを掴んできた。

酒臭い。
大分酒が入ってるようだ。

俺はジュンの腕を掴み服から手を外した。

678: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:25:24.39 ID:ktYFwS2/O.net
ジュン「手に触るな。汚れるだろーが。

この貧乏人」
そう言って俺に殴りかかってきた。

上からゴルフクラブが落ちてくる。
俺はそれを頭で受けて踏ん張った。

反射的に俺の手が出出てしまった。
そのまま拳を顔面に強く打ち付けた。
後退りし後ろに尻餅をつくジュン。
鈍い感触。歯が折れたのかダラダラと口と鼻から血を出す。

ジュン「いってー。
てめーふざけんな。
訴えるぞ。」

679: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:29:01.81 ID:ktYFwS2/O.net
俺「俺の息子に何しやがった。」
怒りが頂点になり、俺はジュンに馬乗りになった。
俺の頭からは血が垂れてきてる。

ジュン「その阿婆擦れが悪いんだ。」

俺「黙れ」
俺はジュンを殴ろうとした。
でも熱が冷めてしまったように握り締めていた拳を下げた。
意外に冷静だったんだと思う。

ハルにこんな姿見せちゃいけないと思った。
それにもう人を傷つけないって決めてたんだ。
暴力で何も解決しないことは、十分に分かっていたから。

680: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:30:03.76 ID:ktYFwS2/O.net
俺はスッと立ち上がってサリナとハルのそばに行った。

俺「行こう。」

サリナは泣きながら黙って頷く。

荷物をまとめてハルとサリナを俺の家に連れ帰った。

帰り際、ジュンが色々言っていたけど殆ど聞いていない。

681: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:31:55.60 ID:ktYFwS2/O.net
家に着くとハルは疲れてぐっすり眠っていた。
俺「落ち着くまで俺の家にいればいいよ。」

俺はサリナに救急箱を渡す。
サリナ「ごめんね…
心配かけて…

あのね…」

俺「二人とも無事でよかった。

ゆっくり休んで。
落ち着いたら話してくれればいいから。」

サリナ「ごめん。
俺君に迷惑かけて…」

俺「何言ってんの?
全然迷惑なんかじゃないから。」

682: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:34:58.60 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「ハル男の子なんだね…

ジュン君お酒が入ると暴力的になるの…ハルがね…
わたしを庇ってくれたんだ…」

俺「うん…
そっか…

ちょっと出かけるから。
ゆっくり休めよ」

サリナ「うん…
本当にありがと…」

そう言って俺は家を出た。

683: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:39:32.11 ID:ktYFwS2/O.net
外は少し明るみ始めてる。
段々やり場のない気持ちが込み上げてくる。

涙が溢れ出す。

サリナやハルがこんな想いしたのは、 俺の責任だ。
俺が全て悪い。
俺がもっとしっかりしていれば、サリナもハルも傷つかなくて済んだんだ。
俺が二人を手放さなければ。。。

後悔しても今更遅い。
分かってる。
それでも自分が嫌いで仕方い。

腹立たしい。
ジュンがじゃない。
俺自身にだ。

684: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:45:10.61 ID:ktYFwS2/O.net
2人が俺の家に来て、二週間が過ぎた。

ハルはあの日は何もなかったかのように元気だ。
俺とサリナ、三人でいるのが嬉しかったのかもしれない。

サリナもそれっきりあの話しを口にしないが、いつものように元気に振る舞ってる。
俺もその話題には一切触れないようにしていた。

ジュンは何度か俺のいない合間に家に来ては、サリナに寄りを戻したいと懇願してたらしい。

685: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:48:32.27 ID:ktYFwS2/O.net
わずかな時間だけど、また3人同じ屋根の下で時間を過ごした。
3人で買い物に行ったり、ご飯を作ったり。
散歩をする時はまるで家族のような感覚になれた。
俺はそれがなにより嬉しかった。

このまま三人でずっといれればいいなんて、簡単に考えてしまう。
でもサリナはそうじゃないって言うのは分かってる。

だから俺は、それももう終わりなんだと毎晩自分に言い聞かせるようにしていた。

686: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:49:37.25 ID:ktYFwS2/O.net
そしてその時はすぐにやってきた。
ハルが寝静まった時間に、
サリナ「俺くん。
ちょっといいかな?」

俺「うん。
どうした?」

サリナ「今後のことなんだけど…」

やっぱりずっと3人でなんてありえないんだ。
ずっと考えてた。
俺はサリナのしたいようにすればいいと思ってる。
そのためのサポートはするつもりだ。

687: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:49:55.58 ID:8Anpnaap0.net
こんな時間までお疲れ

688: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:51:21.95 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「わたしね俺君にはすごく感謝してるの。

それに勝手ばっかりしてきたの本当に謝りたい。
ごめんなさい」
サリナは正座しながら深く頭を下げた。

俺「何畏まってんだよ。

俺がハルやサリナのために何かするのは当たり前だろ」

サリナ「わたし出て行くね。」
その目は真剣そのものだった。

俺「う、うん。
ジュンと寄り戻すのか?」

サリナ「違うよ。
もう戻らない。

まだ好きだけど…」

689: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:52:24.57 ID:ktYFwS2/O.net
俺「どうしたい?
何でも言ってくれていいよ」

サリナ「ハルともう一度二人でやり直したいの…」

俺「…」

サリナ「ハルにとって俺君は大事なパパだって分かってるよ。

でもね、
ハルともう一度頑張って生きて行こうって思ってるの…」

俺「…だめなのか………」
3人で生きていくじゃだめなのか?って言いたかった。
でも言葉がうまく出ない。

690: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:54:53.13 ID:ktYFwS2/O.net
>>687こんな時間まで付き合ってくれてる人もありがとう。

続き
サリナ「えっ?」

俺「いや、何もない。

そっかw
うん。分かった」
俺は何納得してんだ。

俺「あっ、そうだ」

俺はタンスの引き出しから通帳を出して、サリナに差し出した。

サリナ「これは?」

俺「ずっと貯めてたんだ。
ハルのために家ん買おうと思ってたんだけどなw

でも、
どうやら俺には必要ないみたいだからw
ハルのために使ってやってほしい」

691: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:56:35.02 ID:ktYFwS2/O.net
サリナは通帳に手を伸ばすと、そのまま俺に返した。

サリナ「受けとれないよ…」

俺「いいから。
お金がなきゃ生活も出来ないだろ?」

サリナ「優しくしないでよ…」
泣き出すサリナ。

サリナ「そんなに優しくしないで…

俺君に甘えちゃう…」

俺「いや、甘えていんだよ。
他人じゃないだろ?」

サリナ「いやなの…

俺君の優しさに甘えるわたしがいや…

だから出ていくの…」

それ以上俺は何も言えなかった。
サリナが決めたことなんだ。
俺は陰ながら、サリナとハルを応援出来ればいい。
そう思ってた。

692: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:56:40.67 ID:GWwXZ0430.net
なんでそこで引いちゃったんだ…
押すとこだろうに。

693: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 05:59:46.80 ID:ktYFwS2/O.net
数日後、
サリナとハルが住むマンションが決まった。

サリナは介護職に復帰し、いよいよ引っ越しとなった。

距離は一駅程だったので、いつでも会いに行けると言うことで少し安心してる。

ハルは泣いてぐずってたけど、好きな時に会えると言うことで我慢してもらった。
我慢ばかり可哀想なんだけどな。

ようやく引っ越しも終わり、サリナとハルとはお別れだ。

694: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:01:07.96 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「俺君本当にありがとう」

俺「うん。
全然いいよ。

また何かあればいつでも言って」

サリナ「うん」

ハル「パパー。
まいにちおでんわするねw」

ハルには携帯を持たせた。
俺にいつでも電話出来るようにだ。
きっと心配で俺ばっかり電話するんだろうけど。

695: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:03:07.89 ID:ktYFwS2/O.net
俺「じゃあまたな」

ハル「パパーまたあしたねー」

俺「明日は無理だよw
お休みになったらなw」

ハル「はいw」

俺「ハルのこと頼んだよ」

サリナ「うん…
俺くん…?」
サリナが少し切ない表情を見せる。

696: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:04:47.47 ID:ktYFwS2/O.net
俺「ん?」

サリナ「ううん。
何でもないw

あのね…
幸せなんて本当にあるのかな…?」
また切ない表情をするサリナ。

俺「ん?うん…」

サリナ「頑張ってれば…
神様は幸せにしてくれるかな…?」

すごく心に響くものを感じた。
俺は何も答えることが出来ず二人と別れた。

サリナのその時の表情と言葉を今も忘れることはない。

697: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:10:50.78 ID:ktYFwS2/O.net
ハルとサリナが出て行き数日が経ち、俺は相変わらずの生活を送っている。
何か物足りないモノを感じつつ。

佐々木先生「最近全然連絡くれないですね。

どうしてるんですか?」

佐々木先生からの電話だ。
久しぶりに話しがしたいと言われ、居酒屋で会うことになった。

698: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:12:57.25 ID:ktYFwS2/O.net
佐々木先生「俺さんって本当に放置プレイが好きですね」
名前で俺のことを呼ぶ佐々木先生。
居酒屋に入って一時間。すでに出来上がってるようだ。

俺「放置ってw
佐々木先生はまだ20代なんだし、
もっと若い男相手にしなよ。

勿体無い。」
俺はジョッキのビールを飲み干す。
今日は久しぶりの酒で俺も気分がいい。

699: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:13:58.58 ID:ktYFwS2/O.net
佐々木先生「もうすぐ29です。
俺さんとも歳変わらないでしょ。

子供扱いしないで下さい」

俺「佐々木先生はいい人いないんすか?
可愛いしモテるでしょ?」

佐々木先生「ぜっんっぜっんいません。
むしろ出会ってもしょうもない男ばっかりw」

700: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:15:32.50 ID:ktYFwS2/O.net
俺「佐々木先生飲みすぎだよ。
そろそろ出ましょうか?」

佐々木先生「いやです。
今日はもっと飲みたいんです。

付き合ってくださいねw」

俺「明日仕事でしょ?
そろそろ帰りましょう」

佐々木先生「じゃあ愛(佐々木先生の名前)って呼んで下さい。

呼んでくれたら大人しく帰りますw」

俺「……」

佐々木先生「はいだめーw
帰れませんw」

大分酔ってる。
明日は仕事も早いしもう切り上げたい所だ。

701: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:16:31.09 ID:ktYFwS2/O.net
佐々木「あのー…
何で元奥さんと寄り戻さなかったんです?」

俺「寄り戻すってw
あっちはまだ前の男が好きなんですよ。

寄り戻すとか、そう言う次元じゃないですよ。」

佐々木先生「俺さんは元奥さんのこと好きじゃないんですか?」
お酒のせいで呂律が回っていない。

702: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:17:54.11 ID:ktYFwS2/O.net
俺「俺は…」

そう言えば考えたことなかったな。
サリナのことが好きかどうか。
好きか嫌いかって聞かれたら好きなんだろうけど。
愛とか恋とかそんなんじゃない。
そう思ってた。

俺「愛とかはないですから。

多分家族や友人みたいな、親近感はあるんだとは思う。」
本当にそうなのだろうか。
俺自身そんなことを深く考えたことがない。
うまく表現出来ないんだ。

703: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:19:00.63 ID:ktYFwS2/O.net
佐々木先生「本当に俺さんは鈍感ですよねw

さっき聞いた話しなら、きっと元奥さんも俺さんに気がありますよw」

俺「サリナが?」
ふと考えてはみたが、ありえない。

佐々木先生「女の勘ですwイヒッw」

俺「勘ってw
佐々木先生飲みすぎ。

そろそろ出ましょう。
俺家まで送ってくんで」

704: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:19:59.21 ID:ktYFwS2/O.net
佐々木先生「仕方ないなーもーwイヒッw」

ふらふらの佐々木先生。
家が近いと言うことなので仕方なくおぶって送ることにした。

俺「しっかり佐々木先生。」
いつの間にか俺の背中で寝ている。
まあ住所は聞いてるし、家に着くまで寝かせておくか。

705: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:25:36.78 ID:ktYFwS2/O.net
俺「先生。
着きましたよ。

起きて下さい。」
背中の佐々木先生を揺すった。

佐々木先生「もうちょっとだけ。
このままお願いします」

俺「起きてたんすか?
いつから?」

佐々木先生「途中からです。

少しうち寄って行きませんか?」

そう言って部屋に上がらせてもらった。
久しぶりの女性の部屋。
何だか緊張する。

706: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:26:33.65 ID:ktYFwS2/O.net
佐々木先生「はい。ビールw」

冷蔵庫から缶ビールを取り出し俺に渡して、ちょこんと俺の隣に座った。

俺は微妙に距離を離す。
佐々木先生「どうして離れるんですか?」

俺「いや、あの…」
あたふたする俺。

佐々木先生「俺さんって本当に鈍感ですね」

709: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:29:11.01 ID:ktYFwS2/O.net
俺「近い」

佐々木先生が顔を近づけてきた。
まじまじと俺の顔を見つめる。

俺「あの、先生酔いすぎ」

佐々木先生「もう酔ってません。

いい加減私の気持ちに気づいてくれてもいいじゃないですか!」

佐々木先生が俺に覆い被さる。

俺「いや、あの…」
変な汗が出てくる。

佐々木先生「好きなんです。。。

女性からこんなこと言わせないで下さいよ。。。」

710: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:30:48.73 ID:ktYFwS2/O.net
いつからだ?
気付かなかった。
だってハルの先生だった人だぞ。


佐々木先生の唇が俺の唇に触れた。

柔らかい。。。

アルコールと女の甘い匂い。
心拍数が上がる。

俺は我慢できず佐々木先生を押し倒した。

興奮が高まり理性が吹き飛んだ。
佐々木先生の胸を服の上から触る。
柔らかい。

711: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:32:06.39 ID:ktYFwS2/O.net
どれぐらいぶりだろうか?
異性とここまで密着するのは。
ハルを一人で育て始めてからだから、ずっとなかった。
俺も男なんだと今更ながらに思い出す。

佐々木先生「んっ…」
佐々木先生が声を漏らす。

俺はスカートに手を入れ生脚を弄った。

このまま。
このまま身を委ねよう。
佐々木先生とならいい。
佐々木先生となら幸せになれるかもしれないな。。。

714: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:34:03.36 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ…

頭の中でサリナの顔が浮かぶ。
そうあの時の切ない表情だ。

俺はふと我に返る。

すぐに手を止め佐々木先生から離れた。

佐々木先生「どうしたんですか?」

俺「すいません。

俺、、、
俺出来ません。
本当すいません。」

立ち上がり帰りますと言って、佐々木先生宅を急いで飛び出した。

715: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:36:31.64 ID:ktYFwS2/O.net
外はパラパラと雨が降り出していた。

俺はまだ心臓がバクバク言ってる。

何やってんだ俺は。。。
最低だ。
佐々木先生に失礼なことしてしまった。
それにサリナの顔が頭から離れない。

急に胸が締め付けられる。

俺は走って家に帰った。

ずぶ濡れになり、そのまま空の浴槽に入る。

その空間が好きだった。

まだ胸が締め付けられて苦しかった。
そしてとめどなく涙が溢れた。

716: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:39:55.19 ID:ktYFwS2/O.net
俺「サリナ…」

俺はサリナが好きなんだ。
気付かないうちに、またサリナに惹かれていたんだ。
ようやくそれに気づいた自分がそこにいた。

本当はずっと好きだったのかもしれない。
それをただ否定して気付かないふりをしていただけなのかもしれない。

サリナの笑顔。
サリナの悲しい顔。
あの切ない顔も。

サリナで頭がいっぱいになった。
サリナのことを考えると胸が締め付けられる。
今ならこの気持ちは本物だと分かる。

これが愛なんだと理解した。
ハルに対してとはまた別の感情。
悲しくて嬉しくて愛おしい。
いろんな感情が入り混じる。

717: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:43:12.39 ID:ktYFwS2/O.net
もう終わるんだけどもうすぐ出掛けるんで、申し訳ないけど今日の夜でもいいですか?
せっかく終わると言っていたのに申し訳ない。

後朝まで付き合ってくれてる人本当にありがとう。

718: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:44:20.52 ID:bvopNNaa0.net
待ってるよー!

719: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:44:55.62 ID:8Anpnaap0.net
おうー
また頼むよー
こんな時間までお疲れっすー

720: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:45:10.28 ID:7aU5+bwR0.net
完徹でお出かけですか。それは大変…。
乙です。夜お待ちしてます!
が、あまり無理せず。

721: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:45:37.87 ID:8mAXlaWB0.net
おつかれ!!
ちゃんと待ってるから最後まで頼むぞ

726: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 06:51:38.98 ID:ktYFwS2/O.net
みんな本当にありがとう。
レスのスルーは許してください。

728: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 07:03:55.07 ID:qMc6jPYl0.net
おうっ!
書いてもらっていつのまにかねむってしまったが夜にもちこしたのか
主さん、お疲れ様!
主さんのペースでいいからゆっくり書いてくれ!

あとやっと佐々木先生のフラグ回収だとおもったのにぃぃぃっ!
ちくしょう!また佐々木先生でてきてほしいぜ!

731: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 09:07:18.34 ID:ZPS+6u370.net
結局途中で寝落ちしてしまって
申し訳ない…
佐々木先生とはこれからどうなるのか

741: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 11:46:07.51 ID:pRSpGnd40.net
こうやって大人のエゴで子供はいつも犠牲になる
>>1も母親もジュンもクズすぎるわ

子供のためとか理由づけて結局は自分のエゴ

742: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 11:53:18.73 ID:V+VTVgwBi.net
お疲れー
寝てないから気をつけろよー

743: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 11:53:39.06 ID:r7utUHNn0.net
>>741
俺はクズだけど(チラッチラッ
俺くんはクズじゃない!!

この展開をエンドレスにする為の設定かな
のけ者にしたい誰かから貶められる展開を何度も繰り返したのと同じ

まあ、次こそは終わるだろうから気長に待て

744: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 12:04:52.53 ID:PsDfkI7j0.net
はるくん公園から逃走
おれ「おっ死亡フラグか?」

はるくん家から逃走
おれ「おっ死亡フラグか?」

ジュン君DV
おれ「おっ死亡フラグか?」

まだかよ...

756: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 20:27:37.71 ID:uzja8FEK0.net
>>744
結果知ってたらそうなるわな
だから荒らした奴許せねぇ




767: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 21:59:05.54 ID:ktYFwS2/O.net
遅くなりました。

今から続き書いていきます。

773: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:04:57.27 ID:ktYFwS2/O.net
続き
そしてハルの笑顔が頭に浮かぶ。

ハルにはいつも我慢ばかりさせてた。
辛い想いも。
寂しい想いも。
とても可哀想なことをしてきた。

聞き分けが良い分尚更。

子供は親を選べない。正にその通りだ。
子供がそんな気持ちになっていいわけがない。

親なら、精一杯の愛情を子供に注いであげなきゃいけない。
一番近くで成長を手伝ってあげなきゃだめなんだ。

774: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:06:29.50 ID:ktYFwS2/O.net
ハルには、
俺とサリナ。
両方必要なんだ。

親の都合で子供が犠牲になるなんて、絶対にあってはいけない。


後悔と反省の念が何度もおしよせた。

ハルの笑顔。
サリナの笑顔。
俺が守ってやりたい。
心からそう思った。

776: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:09:04.25 ID:ktYFwS2/O.net
俺は浴槽からでると、すぐに家を出た。

サリナに会いたい。
今すぐ。


その一心で、俺はサリナの家へと向かった。
逸る気持ちを抑えることが出来ない。

雨に濡れながら頭を冷やす。

着いた頃にはもう夜が明けていた。

サリナの部屋の前に立ち、呼び出しを押した。
妙に静かで、自分の心臓の音だけがバクバクと聞こえる。

779: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:10:37.51 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「はーい。

俺くん?」
サリナが驚いた表情で俺を見た。

俺「サリナ…」
サリナを見つめた。
俺の気持ちは固まってる。
強い決意でサリナに会いにきたんだ。

サリナ「どうしたの?
こんな朝早くに。

それにびしょびしょ。」

言わなきゃ。
ちゃんと言わなきゃ。

あの日公園で再会した日。
ハルを引き取りたいと言われた日。
ジュンの家から連れ出してサリナとハルが出ていった日。

781: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:11:47.05 ID:ktYFwS2/O.net
何度も。
何度もチャンスはあったんだ。
ずっと。
ずっと言えなかった。

だからちゃんと伝えよう。
遅くてもいいんだ。
自分の気持ちを伝えよう。

俺「サリナ…
好きだ。

だから…
俺のそばにいてほしい…」

783: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:13:24.06 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「ど、どうしたの?急に。」
動揺してるのか少し瞳が潤んでる。

俺「ずっと思ってた。
ハルのために3人で暮らすべきだって。。

でも、
違うんだよ。
今はサリナとハルのために3人で暮らしたい。」

サリナは黙って頷いた。

784: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:15:39.53 ID:ktYFwS2/O.net
俺「この間…
本当に幸せになれるのかな?って聞いただろ?

神様が幸せにしてくれるかな?って」

サリナの瞳には大粒の涙が溜まっていた。

俺「あの時の答え。
今ならちゃんと言える。
俺が幸せにする。
サリナもハルも。

だから…
だから…
俺のそばにいてくれ…
本当にもう後悔したくない…」

サリナの瞳から、涙がつーっと流れた。

789: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:25:07.09 ID:ktYFwS2/O.net
俺はありのままの気持ちをサリナに伝えた。

答えがどうであろうと。

サリナは泣きながら口を抑え、頷きながら俺の言葉を聞いていた。

俺「サリナとハルが笑顔になれるように、精一杯努力する。」

俺も感情が高ぶりすぎて涙が出てくる。

サリナ「甘えていいのかな…
本当に…」

俺「ずっと沢山傷つけてきた。
本当にごめん。

でもサリナとハルのためなら変われる。だからやり直そ…」

サリナ「……」
サリナは黙って、俺の胸に頭をうずめてきた。
俺は肩に手を添える。

今まで自分の気持ちを言葉にするのが苦手だったんだ。
たがらこそ、俺の真剣さがサリナに伝わったのかもしれない。

790: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:26:49.32 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「ありがとう…」

俺こそありがとうだ。。。


サリナ自身、まだジュンへの気持ちは断ち切れてなかった。

それでも、もう一度家族になりたいと想う気持ちは俺と同じだったんだ。

その夜、サリナがハルを連れて家にやってきた。

791: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:27:54.12 ID:ktYFwS2/O.net
朝ハルは寝ていて、
サリナもまだハルに何も話していないと言っていた。

ハルは少し不安な表情だ。
急に俺の家に連れてこられたんだ。
無理もない。

ハル「パパなにかあったの?」

俺「ハルパパの膝に座ってくれるかな?」

ハルが俺の膝にちょこんと座る。
ちょっと前まであんなに小さかったのにな。本当に大きくなった。

792: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:29:36.58 ID:ktYFwS2/O.net
俺「ハル?
パパとママと一緒に住みたい?

ハルの気持ちパパに教えてくれるか?」

ハル「はい。。。
でもぼくわがままいわないよ」

俺「今はワガママ言っていいんだよ。」

ハル「あの…いっしょにすみたい…」
ハルの表情が少し曇る。

サリナ「ハル。
パパとママと3人一緒に暮らそw」
サリナがハルに笑いかける。

793: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:30:51.72 ID:ktYFwS2/O.net
ハルは俺とサリナの顔を行ったり来たり見る。

ハル「ほんとう…?」
ハルが澄んだ瞳で俺を見つめた。

俺「うん」
俺は笑顔で返事した。

ハル「パパと…
ママと…ぼく…
いっしょ?」

サリナ「そうだよw
ずっと一緒w」
サリナがハルの手を取った。

794: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:32:29.87 ID:ktYFwS2/O.net
ハル「いっしょ…ウアーーン。

いっしょ…ヴエーン」
ハルが大声で泣き叫んだ。

すごく満たされた気持ちになる。
サリナも俺も自然と笑顔が零れる。

随分遠回りをした。
ようやく3人、家族の絆が芽生えた瞬間だった。

795: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:33:34.13 ID:ktYFwS2/O.net
3人で暮らし始め、俺はサリナとハルのために一生懸命働いた。

休みの日は、ずっと3人でできなかったことをやろうって決めたんだ。
失った時間を取り戻すかのように、色んなとこに思い出作りに行った。

釣りに行ったり、旅行に行ったり。
祭や花火大会。サリナの希望でディズニーランドにも行った。
ハルは少し落ち着きなかったけど、途中からはしゃいで本当に可愛かったな。

796: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:35:35.04 ID:ktYFwS2/O.net
俺は指輪を買ってそれをハルに見せた。
俺「パパな。ママにプロポーズしようと思うんだw

ハルも応援してくれる?」

ハル「はいw」

記念公園に遊びに行った。
3人一緒だとはいえ、俺とサリナはまだまだぎこちない感じだった。

サリナ「天気いいねw
すごく気持ちいいなw」

まわりには沢山家族連れがいて賑やかだ。

797: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:36:47.36 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「こう言うの夢だったんだw」

サリナの横顔を見つめる。

サリナ「どうしたの?
恥ずかしいからそんなに見ないでw」

俺「あっ、わりい…」
こっちが照れてしまい言い出しにくい。

ハルが見かねて俺の右手を握り、サリナの左手を握った。
そして2人の手を重ねる。

ハル「おててにぎって」

俺はサリナの手を握った。
サリナも握り返してきた。

798: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:38:12.26 ID:ktYFwS2/O.net
ハル「ママジュースかってもいいの?」

ハルはサリナからお金をもらうと、少し離れた自販に走っていった。

ハルなりに気をきかしてくれてるんだろう。

俺「サリナ?

もう一度結婚してくれないかな?」
俺はポケットから指輪を出した。

799: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:44:27.42 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「本当?
…でも、もう少し時間がほしいかな。

必ず返事するから。
その時になったらこの指輪つけるねw」

その答えだけで十分だった。

初めて家族の温もりを知った。
家族一緒に笑って過ごすことの幸せを知った。
ずっと3人でこの幸せを分かち合えればいいな。
そう願った。

その願いもむなしく、
とうとうその日はやってきた。

802: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:45:45.74 ID:ktYFwS2/O.net
俺が31歳の誕生日を迎えた次の週。
それは突然訪れる。

ハル「ママー。
あっちゃんちにあそびにいってくるねw」

夏が名残惜しい涼やかな朝。
秋の独特の香りが何だか寂しさを誘う。

サリナ「うん。
じゃあママが送ってあげるからね。

支度するから少し待って」

805: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:48:05.46 ID:ktYFwS2/O.net
ハル「だいじょうぶ。
じてんしゃでいきたいのw」

この前買ってあげた自転車。
ハルはどこに行くのにも乗りたがる。

俺「あっちゃん家ならすぐそこだし大丈夫だよな?ハル。

ハルももうお兄ちゃんだもんなw」

ハル「はいw」

サリナ「本当に?

じゃあハル。絶対道路に飛び出しちゃ駄目よ。
ちゃんと夕方までには帰るのよ」

ハル「はいw」

807: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:49:23.30 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「俺君も仕事の時間でしょ。

遅れるよ」

俺「はいw」

誕生日にハルが俺にプレゼントしてくれた絵。
毎朝これを見るのが日課になってる。
俺とサリナとハルが手を繋いでる絵。

良く描けてるんだ。
俺は親バカだよ。
自慢の息子だ。

809: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:51:19.54 ID:ktYFwS2/O.net
俺はハルと一緒に家を出た。

俺「ハル絶対に信号は止まること。
知らない人にも着いてっちゃ駄目だぞ」
俺はハルに念をおす。

ハル「はいw」
ハルがピンと垂直に手を上げた。

俺「えらいえらいw」
俺はハルの頭を撫でた。

810: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:52:37.49 ID:bvopNNaa0.net
もう読みたくない…

817: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:57:02.26 ID:tWEA9Otz0.net
うわあああああぁぁぁぁぁぁぁ

818: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:57:29.13 ID:nnWWKSMg0.net
これはアカン(´;ω;`)

819: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 22:58:12.27 ID:ktYFwS2/O.net
ハル「パパ。
きょうかえったらリレーのれんしゅうしようねw」
が今年の地域の運動会の親子リレーで、俺と走るのをハルはすごく楽しみにしてるんだ。

俺「分かったよ。
約束な」

ハル「うんやきそくな。

パパーバイバーイ」
誰に似たんだろうか?最近少し生意気になった。
それでも可愛いから罪だ。

俺はハルと家の前で別れた。
ハルは笑顔で俺に手を振って自転車を漕ぎ始めた。

これが最後に見たハルの笑顔だった。

820: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:00:50.23 ID:ktYFwS2/O.net
仕事中ずっと胸騒ぎしてたんだ。

着信。
サリナからだ。

休憩にまたかけるか。そう思いマナーに切り替えた。

すぐにまた着信。
いつの間にかサリナからの着信が10件。
しかも一分おきにだ。
俺はすぐかけ直す。

サリナ「ハルが…
ハルが…」
泣いて震えるサリナの声。

俺は頭が真っ白になった。

822: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:01:59.16 ID:ktYFwS2/O.net
俺はその場に携帯を落とした。

心臓が今にも止まりそうな感覚。
急いで病院に向かう。
まわりの声も音も何も聞こえない。
ただ自分の心臓の音だけが激しく鼓動する。

病院に着くと、
サリナと両親が先に来ていた。
サリナが俺に気づくなり、泣きながらしがみついてきた。

824: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:04:22.33 ID:ktYFwS2/O.net
トラックにひかれて即しだった。
顔には擦り傷があったけど、穏やかな表情だったのを覚えている。

俺はただ眠ってるだけなんだよな。
そう思って、何度もハルを揺さぶった。

俺「うそだよな?
ハル。
起きろ。

なぁ…起きてくれ…
なぁ…帰ったらリレーの練習するって…
約束しただろ…」

ハルはそのまま目を覚ますことはなかった。

827: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:06:36.72 ID:ktYFwS2/O.net
あの時からずっと気をつけてきたのにな。
だからずっとなかったんだよ。道路に飛び出すことなんて。

ハルは脇道に自転車を止めて、
道路に投棄してあった黒いゴミ袋を拾いに行ったそうだ。
それが犬か猫だかと勘違いしたのかもしれない。
ただのゴミだと分かってて拾いに行ったのかもしれない。
それはもう誰にも分からないことだ。

828: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:07:39.22 ID:ktYFwS2/O.net
サリナは自分が送らなかったから悪いんだと、何度も俺に謝ってた。
安心しきっていた俺が一番いけなかったんだ。


俺は泣いた。
病院の廊下に座り込みずっと泣き叫んでたのを覚えてる。

一人で痛かっただろうな。
一人で苦しかっただろうな。
一人で寂しかっただろうな。

ハルごめんな。
本当にごめんな。

833: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:14:36.92 ID:ktYFwS2/O.net
それからの俺は仕事も辞めて家に引きこもった。

サリナもずっと辛そうだったけど、
サリナを思いやることも出来ないくらい、俺の心はからっぽで何もする気がおこらなかった。

俺はサリナに実家に帰るように言った。
最低だな。
でも独りになりたかったんだ。

サリナは週に一回は家にやってきた。
ただ掃除して洗濯をして俺のご飯を準備して帰っていくだけ。

835: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:15:55.07 ID:ktYFwS2/O.net
俺は家の壁に頭を打ちつけて血だらけになったり。
カミソリで手首を切ったり。

何度もしにたいと思った。
生きてても意味がない。
ハルは俺の全てだった。
それがない今、何のために生きてるのか分からなかった。

病院には何度か運ばれたけど、
しぬことは叶わなかった。

837: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:18:00.36 ID:ktYFwS2/O.net
ハルが亡くなって1年と半年が経とうとしていた。
相変わらずサリナは俺の家に通っている。

サリナ「ねぇ、今日は何か食べたいものある?」

俺「別に…」

サリナ「また朝からお酒呑んでるの?」

俺「ほっといてくれ…」

サリナ「ねぇ…
俺君いつまでそうしてるの?」

俺「ほっといてくれって言ってるだろ。

何でおまえは普通でいられるんだよ?
ハルは…」
こんなことサリナに言うなんてどうかしてる。
俺は言葉を止めた。

839: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:19:27.17 ID:AhhyvE0+O.net
>>835
本気で死のうとしてないからだよ

842: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:22:47.84 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「ハルはもういないんだよ…
わたしだって辛いんだよ…

でもこんなことしてて…
ハルが帰ってくるの…?

わたし俺君のこんな姿見てるの辛いの…

サリナが俺の背中に抱きつく。

俺「ほっといてくれ。
もうほっといてくれ…」
そんなこと分かってる。
それでもまだ、ハルがいないことを受け入れられなかった。

時間が解決してくれる。なんて慰めいったい誰が言ったんだろうな。
俺はあの日のままずっと時間が止まってる。

きっともう立ち直ることなんて出来ない。そう思った。

845: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:24:56.38 ID:ktYFwS2/O.net
それっきりサリナは俺の家に来なくなった。
愛想つかされて当然だ。

家の柱には、ハルの成長を記した線がある。
今はどれくらい成長したかな?

ボードにはハルが笑顔で映る写真。
ハルの大事にしていた、バスや仮面ライダーのおもちゃ。
それに俺に描いてくれた絵。
ハルのランドセルに教材。

あの日のまま。
ハルがいつ戻ってきてもいいように、そのままにしていた。

ハルとの思い出が沢山詰まったこの部屋だけが俺の唯一の居場所なんだ。

848: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:28:20.38 ID:ktYFwS2/O.net
ふと公園に行きたくなり、久しぶりに家を出た。
ハルと始めて過ごしたあの公園だ。

目を瞑るとあの日の思い出が蘇ってくる。
ハル「ぱっぱ」
初めてパパって言ってくれた。

ハルの声が聞こえるような気がした。

楽しそうに走り回るハルの姿が、うっすらと残像のように浮かび上がる。

849: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:30:48.48 ID:ktYFwS2/O.net
ハルはきっと俺を恨んでるだろうな。

何で俺じゃなくハルなんだよ。
なんで。
これからもっと楽しいことや嬉しいことがあったんだ。
ハルは誰よりも優しくて誰よりも思いやりがあったんだ。
なのに何でハルが。。。

これからの成長を楽しみにしてた。
それをどうして奪うんだ。。。

俺はあの日と同じ、公園の滑り台の下でうずくまって泣いた。

851: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:31:53.15 ID:ktYFwS2/O.net
疲れた。
もう疲れた。

俺は行く宛もなくただただ街をさ迷い歩いた。

ゲームセンターの前を通りかかった時に、足を止めた。

派手な格好をした高校生くらいのヤンキー2人が、中学生を殴ったりして脅してる。

まわりの人間は見て見ぬふりをしているようだった。

852: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:39:46.74 ID:ktYFwS2/O.net
俺「おいお前ら何やってんの。
そんなダサいことしてんな」
俺はそれを見かねて口を挟んだ。

ヤA「はぁテメー何?」

ヤB「しゃしゃり出てくんなオッサンw」

ヤンキーが中学生に蹴りを入れた。

お腹を抑えて座り込む中学生。

853: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:40:49.39 ID:ktYFwS2/O.net
俺「いい加減にしろクソガキ」
俺はヤンキーを突き飛ばした。

ヤB「おい、やんのかオッサン」

ヤA「ぶっ殺すぞ」

ヤンキーの一人がナイフを出して俺を威嚇する。

俺「恐くねーよ。
かかってこいクソガキ」

ヤA「ヒローのつもりかおっさんw」
ヤンキーが俺に近づいた。

854: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:42:01.12 ID:ktYFwS2/O.net
その瞬間、腹部に強い痛みが走る。

俺はその痛みの部分を見た。
服が真っ赤に染まり始めた。
どうやら刺されたみたいだ。
大量に血が出てるのが分かる。

恐怖心なんてものは微塵もなかった。
むしろやっと楽になれるんだ。
これでハルのところに行ける。
そう思った。

俺はその場に座り込む。
強い痛みの後に吐き気がやってきた。
目眩もする。
だんだんと視界が暗くなっていくのが分かった。
気を失ったんだ。

856: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:45:54.43 ID:ktYFwS2/O.net
次に目を覚ました時、俺は病院のベッドで横になっていた。

俺の左手を誰かが握っているようだ。

俺「サ…サリナ…」
サリナは俺が目を覚ましたのに気づくなり、泣きながら話しかけてきた。

サリナ「心配したよ…
バカ…

むちゃしないでよ…」

そうだ。
刺されたんだ。

俺「なんだ…
しねなかったのか…」
前進の力が抜けていく。

858: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:46:26.33 ID:nUEB0yoM0.net
流石にこれは...

859: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:47:35.80 ID:uagAHtUc0.net
おまえら黙ってろよいいから黙ってろ

860: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:48:03.15 ID:ktYFwS2/O.net
サリナ「何してんのよ…
本当にバカ…」

俺「……」

サリナ「俺君…
わたしを一人にしないでよ…

ねぇ…

勝手に置いてかないで…
俺君までいなくなったらわたし本当に無理だよ…

お願い…

お願いします…」

サリナが泣きながら俺の手を両手で握った。

サリナがプロポーズした時に渡した、指輪をしているのに気づく。

861: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:49:16.55 ID:ktYFwS2/O.net
俺「指輪…

何で…?」

サリナ「何でって…

俺君がもう一度結婚しよって言ってくれたでしょ…

わたし…
ずっとつけて待ってるんだよ…」

俺は自分のバカさ加減にようやく気づく。

俺「ごめん…

本当にごめん…」

涙が溢れ出た。

862: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:50:22.54 ID:ktYFwS2/O.net
俺「サリナ…
ハル…俺のこと許してくれるかな…

ハルは幸せだったかな…」

サリナ「あたりまえでしょ…

ハルは優しい子だって、一番俺君が知ってるじゃない…」

簡単にしねなかった。
ハルがまだこっちに来るなって言ってくれてるのかもしれない。
俺に残されたもの。
それはサリナを大切にすることなんだ。

863: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:51:38.54 ID:ktYFwS2/O.net
俺が入院したと聞いて、沢山の人達がお見舞いに駆けつけてくれた。

建設会社の社長に佐々木先生、ヒロシおじさんの家族まで。

俺は沢山の人に支えられて生きてるんだと気づいた。

そして沢山の人達のおかげで、俺はまた自分を取り戻すことが出来た。

ハルの出逢いが俺を成長させてくれた。
ただ純粋に泣いたり笑ったり、怒ったりって、それが出来ることがどれだけ幸せかを学んだ。

864: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:52:37.79 ID:ktYFwS2/O.net
これから先、
何度も挫けたり辛い想いをすることがあるだろうけど。
ハルの笑顔を思い出して、自分に言い聞かせるんだ。

天国にいるハルに笑われないように。恥ずかしい生き方は絶対しないって。

沢山ハルから学び経験させてもらった。
それを無駄にする生き方をしないように生きていきたい。

今も目を閉じると、あのハルの懐かしい温もりを感じる。
それは俺の中で、ハルがちゃんと存在してる証拠なんだ。

867: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 23:56:14.08 ID:nUEB0yoM0.net
>>863
ジュン君とクソホスト忘れてるぞ

874: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/25(月) 00:00:10.95 ID:ktYFwS2/O.net
近況を少し。

今年6月サリナと再婚した。
勿論式も挙げた。
一軒家も購入したし、庭にはブランコを着けるつもりだ。
サリナは短大に通ってる。
保育士になるために。

俺はと言うと、
相変わらずかな。
前にも書いたけど、休みの日は障害者や親のいない子のために、ボランティア活動に参加して支援したり。
施設なんかの増築とか修復とか無償でしたりして、色々忙しくやってる。

876: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/25(月) 00:01:35.00 ID:ktYFwS2/O.net
俺自身もそうだけど、選択を間違えることがある。
本当に自分の道を選択するって言うのは難しいと思ったよ。
それでもいいんだ。

何度も何度も間違って、いつか正解に辿り着けばいい。
そう思ってる。

人は変われるんだ。
俺も変われたんだから。

親、兄弟、子供に友人。
色々な人とたくさんの出逢いのおかげなんだって今は思う。
何より息子に出逢えたこと。
一生の宝物。
今は本当に産まれてきてくれてありがとうって言いたい。

881: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/25(月) 00:06:23.85 ID:kndhE9IUO.net
これからはまわりを幸せに出来るように、日々一歩一歩前進していきたいって思ってる。

誰かのために役にたてる人間になれたらいいなって、いつも強く願ってる。
身近な人だけじゃなくて、
これから出逢う沢山の人達を笑顔に出来たらなって思う。

ハルを通じて一緒に生きた9年間。
本当に色々あった。
ここで書いた沢山の辛いこと以上に、沢山楽しいこともあった。
それでも俺にとっての忘れられない大切な思い出は、ハルと乗り越えてきた辛い思い出なんだって思ってる。

884: クズ ◆ZST.gXlq96 @\(^o^)/ 2014/08/25(月) 00:11:41.06 ID:kndhE9IUO.net
長くなったけど、これで最後のレス。

ずっと見てくれてた人本当に感謝です。

これ一応嫁も読んでくれてて、温かいレスしてくれてる人も沢山いててすごく励みになりました。

最後まで付き合ってくれた方々本当にありがとう。

885: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 00:12:45.37 ID:y1k1x2uh0.net
いやいや、サリナさん出てったのが3歳で、そっから9年で12歳でしょ

886: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 00:12:52.38 ID:fspygv6N0.net
お疲れ様でした!
長い間、ありがとう!

887: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 00:13:37.21 ID:GcBGhfMQ0.net
乙でした!
悲しい結末だけれど、主が最後前向きになってくれて良かった。

895: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 00:17:58.35 ID:cJcSiReOi.net
感動した!本当にありがとう!そして、勇気づけられました。

899: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 00:22:01.30 ID:qCE0apYji.net
遅くまで乙でした。

なんか色々考えさせられました。
ありがとう。
そして再婚おめでとう。


【1/6】 【2/6】 【3/6】 【4/6】 【5/6】 最終話
(リンク先の記事が公開され次第リンクが繋がるようになっています。)




引用元: クズの俺が父親になった話★3