559: 彼氏いない歴774年 2009/05/02(土) 16:15:37 ID:XVJm4Qoe
今年の3月に私と同じ中学を卒業した五歳年下の弟が、毎月持って帰ってきてた学級便りの話。
学級便りの制作者は弟の担任のK先生で、内容はクラスの子の活躍話や受験に関することなど紙の左半分は保護者宛てで右半分がクラスの子向けでどっちも大切なことが書かれている。
そして毎回、先生のオリジナルキャラクターが紙面に登場していた。



ゆるキャラって言うのかな?とにかく個性が出ててすんごいかわいいんだよね。
毎月、お母さんが読んだあと弟から許可をもらってファイリングするくらい楽しみに‥w
けど、弟が卒業を迎える月に最後の学級便りが配布されてきて、もうK先生のキャラクターが見れないのかと思うと弟の前で便りを握ったまま泣いてしまった。
次の日、『姉ちゃんに先生から』と弟に封筒を差し出された。
中を開けるとなんとK先生からで『これは一年間読者でいてくれた○○くんのお姉ちゃんへという意味もあるけれど、五年前にこの学校を卒業した卒業生のあなたへの学級便りでもあります』と書いてあってまた泣いてしまった。
その日のうちに先生にお礼の手紙を書いて弟に渡してもらった。
私とK先生は全く面識がないのだけど、まるで元教え子からの手紙を読むかのように喜んでくれたらしい。

561: 彼氏いない歴774年 2009/05/02(土) 16:31:38 ID:4uZvm6Ua
>>559
貴女もK先生も可愛いぞ!
そして、個人的な意見だが…弟、良い奴…



引用元: 【感動】喪女のちょっと良い話2【喪話】