164: 名無しさん@おーぷん 21/03/16(火)18:21:42 ID:if.cg.L1
5年前、会社の上司(責任者)がメンタルやられて休職。
営業職なのでガンガン詰められるし仕方ないと思う。
私もよく外廻りをしては案件を貰うのだが、よく「上司さん大変ですねえ」と言われるようになった。当然売上もトップクラスの人だったから、あちこちに人脈や進行中の案件があるし、それはおかしいとは思わなかった。



「ええ、体調不良でして」と誤魔化していたが、明らかに上司と繋がりなさそうな会社の新卒の人などからも同じようにあちこちからその話題を振られる。

更に「精神状態がよくなくて、○○という薬なんか飲まれてるんですよね」などと言われることもあった。

あまりの話の広がりように妙に思い、懇意にしていた取引先に「そういえば上司の詳しい話はどこから聞いたのか」と尋ねた。

すると、なんと新卒や私の同期などが外回りの時に、「うちの上司が精神を病んでしまって後任も使い物にならない。今なら混乱に乗じて他社より高値を出す」
などと触れ回っていたらしい。
また、社外に漏らすべきではない上司の体調や家庭環境なども喋り倒し、上司の築き上げた人脈に対して案件くれとアプローチしまくっていた。

更に「上司は多分辞める。あるいはいたとしても役職剥奪となるはずで、もう何の決定権も持たなくなるはず。上司は切って是非僕と」などと言う社員もいたとのことだった。当然何も決まってない。

「上司さんどんだけ人望ないんですか」と言われるが、むしろ人望はある方で、他部署からも「上司さんのもとでやれるなんて羨ましい」と言われるくらいの人だった。

流石にどうなんだと思って上司の同期である役職者に相談してみたら「彼のおかげで沢山契約できた奴もいるのに、許せん」と激怒。
多分営業なら割とあることだと思うが、上司は自分の案件を部下に渡して部下に表面上の手柄を立てさせ、評価に反映してもらえるようにしていた。
そこから新たに人脈を得た新人は多かった。
それなのに顔に泥を塗るとは何事かと怒っていた。

たまたまその役職者が取引先から話を聞いたということにして、若手に対してかなりキツめのお叱りが入った。

仕事仲間の性格の悪さにはびっくりした。
そこから上司は無事復帰。
役職は自らの希望で降り、もう一度新卒たちと同じステージから再スタートした。
あれだけ部下達が人脈引っ掻き回していたからどうなることかと思ったが、仕事の速さで圧倒的な力量の差を見せつけ、トップセールスに返り咲き、表彰された。

「部下であったメンバーに大変な迷惑をかけたのに、再度迎え入れてくれて感謝します」と泣きながら挨拶すると、あれだけ上司を悪く言ってた部下達が貰い泣き。
神経わからなかった。



引用元: その神経がわからん!その64