884: おさかなくわえた名無しさん 04/11/14 15:25:46 ID:0FEO2soF
タヒんだじいちゃんが古武道の達人で、3人兄弟、真冬でも毎朝5時に起こされて
鍛錬させられてた。親父は温厚な性格というか、ボウリョクを頭から否定するタイプ。
じいちゃんはそんな親父(要は自分の息子)を「軟弱者」となじっていたりした。

5歳くらいから10歳くらいまで毎朝の鍛錬は続いたけど、特に道場とかがある武道じゃ
なかったし(名前すら覚えてない、もしかしてじいちゃんの我流?)、段を取得したり
試合に出たりとかはしなかった。ただただ、毎朝眠い目をこすりながら鍛錬してた。

そんなじいちゃんも亡くなって、毎朝の鍛錬から解放され、俺は親父に似たのか、
ボウリョク沙汰は一切苦手のヘタレとして青春を過ごした(ええ、使いパシリでパンとかも
買いに行きましたよ)。

何とか社会人になって、恋人ができて、幸せな日々が続いてたんだけど、彼女と
呑みに行った帰りに、5〜6人のガキんちょが特殊警棒とかナイフとかちらつかせて
「女を借りる」とか言ってきた。相変わらずボウリョク沙汰は大嫌いだったから、何とか
話を付けようと(何なら金くらいやろうかと)思っていたら、その中の一人がいきなり
金属バットでなぐりかかってきた。

そしたら何だか身体が自然に動いて、斜め後方に下がりながら相手の手首を掴み
バットを振り下ろしてきた力を利用して、捕まえた手首を軸に一回転投げ。あれ?
とか思ってると、何かわめきながら次から次へと襲いかかってくる。タヒんだじいちゃんの
亡霊が憑依したみたいに、身体が自然に、面白いくらいに動く。無意識に相手の
みぞおちに正拳。後ろから羽交い締めにしようとした相手には裏拳で鼻の下の
急所へ一撃。全員ほぼ一撃で、道路に転がった(「シュレック」のレオナ姫みたいな
感じですか)。

嫌な爽快感に包まれてると警官が来て現行犯逮捕。過剰防衛ということで、示談金
100万円くらいを払わされて(実家の親に泣きついた)、いちおう起訴猶予処分には
なったけど、野蛮な人間は嫌いだと彼女には振られました。これもみな、古武道なんて
身体にたたき込んだジジィのせいだ。今頃地獄で笑ってるかも知れない。

スポンサーリンク

修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正