600: 名無しの心子知らず 2013/11/29(金) 08:10:30.33 ID:vxLzeaqP
結構、前の話。兄経営の会社は、託児所がある中小企業。
それを聞きつけた、障害児M子ちゃん(♀5)を持つシンママLさんが託児依頼に来た。
町内会の役員のOさんも一緒に。
そして、Oさんが、他の子の面倒をみているついでで大丈夫だから、是非Lさんを助けてやってほしい、って言っている。

で、兄、お局総務部長、Lさん、Oさんで話し合い。

Lさんの言い分としては、
 ・平日、フルタイムでパートをしていて、その間、M子ちゃんを預かってほしい
 ・元旦那は失踪していて生活費も養育費も払ってくれない
 ・前に預かってもらっていた施設はトラブルを起こして退所した
 ・兄の会社は、地域のイベントのスポンサー活動に非常に前向き(社是の一つが地域貢献)
 ・祭りとか学園祭とか、スポンサーに、必ず名前がでている。
 ・託児所は朝から夜遅くまで開いている
 ・託児所専門の人を雇っている
 ・会社としては一銭の追加コストもかからず、地域貢献ができる。
 ・誰も何の損もせずに、得しかない!

お局としては「ダメに決まってんじゃねえか!」と思っていたらしいのだが、兄の回答は意外にも、、、
「非常にお困りのようですね、私のほうでもできる限りのお手伝いをさせて頂きます。」
Lさん満面の笑みで、「よかった、ありがとうございます」

スポンサーリンク

修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正