修羅場ハザード -復讐・DQN返し・衝撃系まとめ-

2ちゃんねる鬼女板の修羅場、復讐、DQN返し、衝撃系などをまとめているサイトです

今読まれてる最新記事!

違和感

田舎に嫁いだ元同期の家に宿泊。私(玉の輿とは聞いてたけどすごい家だな)→深夜。客間で寝ているとチャリンチャリーン!なんと・・・

素材8
583: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/17(土) 23:53:29.58 ID:1xHErT60
衝撃的体験と言えるかどうか・・・だけど、思い出したので。 

20年ぐらい前のことなんだけど、当時私はまだ20代半ばの独身だった。 
職場の同期で一番仲が良かった友人A子が突然田舎でお見合いして結婚退職。 
半年ほど経った頃、だいぶ落ち着いたから泊りで遊びにきてと招待され、 
お言葉に甘えて遊びに行ったんだ。

修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正

修学旅行の宿泊先にて。女将さん「ご飯たくさんあるからね」生徒達(ヒソヒソ)→500人全員がご飯だけ残した。

素材157
219: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/19(土) 15:36:34 ID:piLDwh6g
高校生のときに、修学旅行で泊まった宿でのこと。 
その宿でのはじめての食事に出たご飯が臭かった。

修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正

先輩が終電を逃し彼女とホテルへ。→彼女「途中から変なことに気付いた。お願いだから頭おかしいって言わないで。ちゃんと聞いてね」なんと…

素材55
298: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 23:28:05.09 ID:TqkGDgpH0.net
会社の先輩に聞いた話 彼女との一夜 

彼女と酒飲んで終電逃した夜だったよ。 
時間つぶしに長々散歩して、通りすがりのバーによって 
また散歩して、歩き疲れた頃にホテルに入った。 
全然知らない街まで来てた。バーは感じ良かったし 
ホテルもキレイだった。こんなの久しぶりだねって 
彼女も本当に楽しそうだった。

修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正

母がミルクをあげるため新生児室へ。看護婦「どうぞ」母「…私の子じゃない」看護師「疲れてる?」母「違いませんか?」他ママ「はあ?」

素材143
203: 名無しさん@HOME 2012/10/14(日) 07:31:05.56
赤ちゃん取り違え、未遂含めるとかなりあるはず。 
私も、36年前取り違えされそうになった。

修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正

応募した会社から手紙が届いた。中身を確認してみると・・・俺(恨みでもあるんか?)なんと・・・

素材107
860: 名無しさん@おーぷん 2018/03/23(金)17:38:23 ID:Xo4
先月初め、長らく勤務している会社が傾いて、肩叩きされるのも難だから早期退職をした。
社長から報奨金として1万円を頂いたのが、安定企業の言う退職金代わりか。
40にして独身貴族しているから出来た行為だなとしみじみ思って、ハロワで失業給付申請。
もう何十年ぶりの就職活動にちょっと戸惑うところも。

10日前に会社が倒産した。社長から「さよならメール」が届いて知った。
そして、本日。ハロワから以前応募した会社から、陰気な雰囲気がする角2の封筒がポストに。
開けてみたら、不採用の添え状に、履歴・職歴があった。

修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正

【気の毒式】従姉が新婦の友人として結婚式に参加。従姉「え!?(新婦への嫌がらせ?)」なんと新郎の親族全員が・・・

素材25
160: 愛と死の名無しさん 2011/05/23(月) 00:40:39.35
従姉から聞いた話 

新婦友人として出席した席で何気なく新郎親戚の方を見ると、全員黒い衣装だったらしい 

修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正

兄嫁『親睦のためという事で、クリスマスイブはぜひウチに来て!』私「おk(幼稚園の姪っ子がいるし子供メインなパーティなのかな?なら可愛いお菓子用意しよう)」→そして当日…

917: 名無しさん@おーぷん 2016/01/27(水)12:47:19 ID:5Od
去年のクリスマスイブに兄宅におよばれした
進学の関係でしばらく地元を離れていた私が就職して戻ってきたので、親睦のためと兄嫁さんが招いてくれたもの
幼稚園の姪っ子ちゃんがいるからなんとなくお子ちゃまパーティーっぽい感じなのかなと思ってかわいい焼き菓子の詰め合わせなんかを用意して行ったんだけどね…テーブルがなんというか独身カップルのクリスマスディナーみたいだったんだ
修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正

ママさん『バイオリニストのA(私の同級生)さん知ってる?』私「知ってますよ~」ママ『実は私、学生時代Aさんとよく弾いてたの!』私「いや、それ変ですよ、だって…」ママ『』

951: 名無しの心子知らず 2013/07/12(金) 14:02:32.46 ID:nQaH7lUe
キチママ、と呼ぶには弱いかもしれませんが。

私の通っていた○○高校の同級生に、バイオリニストになったAさんがいる。
ソロリサイタル開いたりして、地元では、結構名が知られている。
私は、Aさんと同じ、音楽系の部に入っていた。
これが前提です。

姪っ子が音楽教室に通っていて、いつも母親である姉が迎えに行くんだが、ある日、姉に用事ができてしまい、私が代わりにお迎えに行った。
早めに到着して、待合室で座っていると、私と同じ歳くらいのママさんが話しかけてきた。
あら、○○ちゃんのお迎えなのね~、なんて言って、とても気さくな感じだった。
私が○○高校出身という話題になると、同窓ね!とテンションが上がって、

ママ:「じゃあAさんは知ってる?」
私:「はい、今度ソロリサイタルやるそうですね~」
ママ:「すごいわよね~。私も、もうちょっと続けてればなぁ」
私:「楽器なさってたんですか?」
ママ:「そうなの!(ここで内緒話っぽい声で)実はね、私、学生時代に、Aさんとよく弾いてたのよ」
修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正
管理人からのお知らせ
※注意※
近頃『修羅場ハザード』のレイアウトを模倣し、成りすました有害サイトがあるとのご報告を受けています。
当ブログとは一切無関係であり、ユーザーの皆様におかれましては何卒ご注意くださいますようご連絡申し上げます。


人気記事Pickup!
スポンサードリンク


月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
スポンサードリンク
×