229: 名無しさん@HOME 2007/12/25(火) 04:17:08
ウチの旦那なんざ、結婚と同時にはっちゃけてましたわ。
我々より7年先に結婚した義兄夫婦、私は何があったのか知らんが、とにかく夫の
目からみると「ママンが可哀想」状態だったらしく、「ボキたんがあんな兄嫁とは
比べもんにならん良い嫁をもらって親孝行するお!」ってね。
以来、ウトメの隣に住んで色々尽くさしてもらったつもりですが、結局、何をしても
しなくても可愛い子(=義兄)は可愛いし、2番手(=夫)は2番手、なんですよね。
随分無駄な労力を費やしたなとは思うけれど、介護だなんだって話になる前に
目が覚めてくれたのは良かったな、と。

231: 名無しさん@HOME 2007/12/26(水) 00:24:25
>>229
どんなきっかけで目が覚めたの?

232: 名無しさん@HOME 2007/12/26(水) 02:30:49
>>231
1)義兄が己の無能&我儘故に失職→求職活動もせずぶらぶら→義兄嫁がキレて離婚話に
義両親は最初、「離婚上等。義兄は弟嫁(=私)に世話をさせれば良い」と(゚Д゚)ハァ? なことを
言い、夫が断ると義兄家に毎月援助をする条件で離婚を阻止。要は何が何でも義兄には
世話係を確保してやらねばならん!ってこと。
その後「あの時は・・・」と話題に上ると「何のこと?義兄夫婦はずっと仲良しよ」と
ボケてるのか?!という発言をして、随分相談したりと煩わせた夫を驚かせる。
2)その後、ウトがタヒ去。お葬式だ何だと私達を頼りに相談してくるのは良いが、ほぼAに
決まったところで義兄に相談し「Bでいいじゃないか」と言われるとあっさりBにする。
当日には「義兄ちゃんの言うとおり、Bにしておいて良かったわね〜」と大声で賛意を
求めて来てポカーン。(この類は何度もアリ)
3)相続でトメがものすごくお金に執着し、尚且つ細かいということを夫もはっきりと認識
したのだが、その後で「それぞれの子供名義の預金をしてあるが、義兄の方が多い。
まあ、少しだからいいでしょ!今更、動かすのも面倒だし」といいつつ、夫が故ウトから
していた借金はそれよりはるかに少額でも「お金のことはきっちりしないとね」と取り立てる。

などなど、色んなことが結構、続けさまに起こったのでさすがの夫も目が覚めたようです。
今まで「夫にとっては大事な親なんだから」と黙っていた不満も全部ぶちまけたところ
「長い間、申し訳なかった」と。家も引越し、相談事は義兄としてくれ!と言うことになり
ました。


スポンサーリンク

修羅場ハザード_続きを読むボタン_修正